ネットビジネス情報は海原の波

毎日、沢山の情報が生まれ消えています。どんな情報がいいのか?

1年前と比べると中国の経済成長は鈍化

1年前と比べると中国の経済成長は鈍化




中国国家統計局」と聞いて、そのデータは
信用できないと思う読者もいることでしょう。
中国の各省のデータを足すと国のデータにな
るという理屈はいいのですが、各省が自分の
ところは元気だよと水増しすると、もう国の
データは大幅に狂ってしまいます。各省の統
計局だって省の主席は恐ろしい存在であり、
この数値は正しいのかと聞かれたら命が縮む
ことでしょう。こういう汚名を長く維持して
いたのですが、最近は払拭したいようです。


中国国家統計局が19日発表した今年7~9
月期の国内総生産(GDP、速報値)は物価
変動の影響を除く実質で前年同期比6.5%
増だった。伸び率は今年4~6月期から0.2
ポイント低下し、リーマン・ショック後の
2009年1~3月期(6.4%)以来、約
9年半ぶりの低水準となった。減速するのは
2四半期連続ということです。2つの記事は
どちらも国家統計局の発表に基づいていて、
ほぼ同じ内容です。


中国自動車市場では、米電気自動車(EV)
メーカーのテスラが約20%、ドイツ自動車
大手BMWが4~7%の値上げを7月にそれ
ぞれ実施したということです。1年前の9月と
比較すると、新車の販売台数は11.6%の減
少、消費者物価は2.5%上昇ということです。
貿易戦争の影響で消費が減少し、経済成長
が鈍化しています。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

   電気自動車テスラ・画像

貿易戦争・テスラ・.PNG

貿易戦争、値上げで消費者に痛みじわり 中国で物価上昇、圧力の高まり統計にも

10/20(土) 7:15配信

 トランプ米政権との間で深刻化する貿易戦争の影響が、中国の消費者にじわじわと“痛み”を与えている。米中対立が決定的となった7月以降、自動車など欧米メーカーの一部は中国で販売する製品の値上げに着手。中国国内で物価上昇圧力が高まってきており、「公式データが示しているよりも、中国の消費者は痛みを感じている」(米紙ウォールストリート・ジャーナル)との指摘もある。

 中国国家統計局が19日発表した今年7~9月期の国内総生産(GDP、速報値)は物価変動の影響を除く実質で前年同期比6.5%増だった。伸び率は今年4~6月期から0.2ポイント低下し、リーマン・ショック後の2009年1~3月期(6.4%)以来、約9年半ぶりの低水準となった。減速するのは2四半期連続。

 「中米貿易戦争の進展や人民元下落などに伴い、接着剤事業のコスト上昇が続いている」。中国のインターネットメディアは、ドイツ化学・消費財大手ヘンケルの中国法人が10月1日から接着剤などを値上げしたと伝えた。取引先への通知書には「貿易戦争の影響」との文言が記されていたという。

 中国メディアによると、米化学・事務用品大手の3M(スリーエム)の中国法人も8日から3~5%の値上げに踏み切った。

 中国自動車市場では、米電気自動車(EV)メーカーのテスラが約20%、ドイツ自動車大手BMWが4~7%の値上げを7月にそれぞれ実施したと中国内外のメディアが報じている。

 値上げの動きの中で、中国自動車工業協会が今月12日に発表した9月の新車販売台数は、前年同月比11.6%減の239万4100台だった。マイナスは3カ月連続で、下落率は8月の3.8%から拡大。貿易戦争が影響したとみられる。

 物価上昇圧力の高まりは統計にも表れており、中国国家統計局が今月16日に発表した9月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比で2.5%上昇。伸び率は8月より0.2ポイント拡大し、2月(2.9%)以来の高水準だった。大雨などの悪天候が影響した食品関連価格の上昇が目立つが、貿易戦争などに起因する物価上昇が今後も続くと中国の市場関係者は予測する。

 一方、中国共産党機関紙の人民日報(電子版)は17日、「貿易戦争の悲観論は信頼できない」とする記事を掲載。中国当局は、貿易戦争による経済へのダメージを強く否定している。(三塚聖平)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

中国成長率、6.5%に減速=「貿易戦争」で9年半ぶり低水準―7~9月

10/19(金) 11:13配信

 【北京時事】中国国家統計局が19日発表した7~9月期の国内総生産GDP)は、物価変動の影響を除いた実質ベースで前年同期比6.5%増にとどまった。

 4~6月期は6.7%増で、伸びは2四半期連続で減速。2009年1~3月期以来9年半ぶりの低い成長率となった。米国との「貿易戦争」で経済が冷え込み始めた。

 政府が18年の年間目標に設定した「6.5%前後」は引き続き達成。しかし、今後は貿易摩擦の影響がさらに顕著になると予想され、10~12月期は6.5%を割り込む可能性もある。

中国成長率、6.5%に減速=「貿易戦争」で9年半ぶり低水準―7~9月

10月19日(金) 11時13分 中国・台湾(時事通信

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

よかったら覗いてみて
終りまでお読み頂き、ありがとうございました
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
(下を「いいね」のようにお願いします。いつも感謝しています)
★ふとんクリーナーのパイオニア
ショップ名:レイコップ・ジャパン株式会社 ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇