ネットビジネス情報は海原の波

毎日、沢山の情報が生まれ消えています。どんな情報がいいのか?

アメリカ議会がウイグル族の問題を非難

アメリカ議会がウイグル族の問題を非難




アメリカの議会でウイグル族少数民族への
人権問題が報告され、弾圧を行っている、
「人道に対する犯罪」と厳しい表現で中国を
非難しています。アメリカ議会内の中国の人
権問題に関する委員会は「習近平国家主席
なってから中国国内では人権がないがしろに
され、状況は全面的に悪化している」と報告
しているということです。


中国問題執行委員会(CECC)が正式な名称
のようですが、委員長は共和党のマルコ・ル
ビオ上院議員クリス・スミス下院議員は
「特に注目すべきは、100万人以上のウイグ
ル人などが大規模に政治的再教育施設なるも
のに収容されていることだ」と指摘。こうし
た虐待は「人道に対する罪に該当する可能性
がある」と糾弾した。


長期にわたって中国政府に改善を求めてきた
スミス氏によれば、報告書には信仰や民族が
理由で投獄されている1300人以上の名簿が
含まれている、ということです。アメリカの
感覚からすると、経済力が強くなっているの
だから弱者を虐める必要はないはずだ、とい
うことでしょうが、中国の周辺の者は強くな
ったのだから弱者を虐め、支配するのは中国
らしいと見えます。


2つ目の記事は、中国の新疆ウイグル自治区
政府が「再教育施設」について法令改正を発表
したようです。最近まで「再教育施設」は存在
しないと色々な発言を否定していました。アメ
リカの大統領、副大統領がウイグル族について
発言し、国連人種差別撤廃委員会も懸念を発表
しました。そこで、北京政府が新疆ウイグル
治区の政府に指示したと思われます。


法令改正の内容は「職業スキル教育訓練センタ
ー」の普及などを促し、その目的については
「反過激主義の思想教育を施す」ためというこ
とです。訓練者の思想変革を促すために心理
面・行動面の矯正を施し、社会や家族のもとに
戻るのを補助すると、再教育施設を正当化して
います。まもなく自由に解放されるとの記述は
ありません。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 ウイグル族民族衣装・画像

南シナ海・ウイグル地区・民族衣装・.PNG

米議会、中国のウイグル人弾圧を激しく非難 「人道に対する罪」に言及

AFP=時事 10/11(木) 10:11配信

【AFP=時事】中国の人権問題に関する米議会の委員会は10日に発表した報告書の中で、中国がイスラム教徒のウイグル(Uighurs)人をはじめとする少数民族に対し、前例のない弾圧を行っていると強く非難した。独裁的な手口は「人道に対する犯罪」に値する可能性があるとも言及している。

 超党派の中国問題執行委員会(CECC)は年次報告書の中で、中国は目覚ましい経済成長を遂げ、国際社会へ幅広く関与しているにもかかわらず、近年、少数民族に対する抑圧を強化していると批判。習近平(Xi Jinping)氏が2012年に中国共産党総書記、翌年に国家主席に就任して以来、「中国国内では人権は悲惨なまでにないがしろにされ、状況はほぼ全面的に悪化の一途をたどっている」と懸念を示した。

 委員長を務める共和党のマルコ・ルビオ(Marco Rubio)上院議員と共同委員長のクリス・スミス(Chris Smith)下院議員は要約部分で「特に注目すべきは、中国西部で100万人以上のウイグル人をはじめとするイスラム教徒の少数民族が大規模かつ恣意的に政治的再教育施設なるものに収容されていることだ」と指摘。こうした虐待は「人道に対する罪に該当する可能性がある」と糾弾した。

 これまで長期にわたって中国政府に改善を求めてきたスミス氏は記者会見で「宗派集団、とりわけウイグル人に対する弾圧がこれほど深刻になったことは(1960年代の)文化大革命(Cultural Revolution)以後なかった」と語った。同氏によれば、報告書には信仰や民族が理由で投獄されている1300人以上の名簿が含まれている。

 ルビオ氏は中国の人権状況について「今年またも悪化した。米中関係と中国の人々が人間としての基本的な自由を行使することの両方に悪影響が及んでいる」と述べた。

 報告書は中国共産党が「国が支援する弾圧、監視、洗脳」を通じて国内の一党独裁体制を維持していると強調している。【翻訳編集】 AFPBB New

米議会、中国のウイグル人弾圧を激しく非難「人道に対する罪」に言及

10月11日(木) 10時11分 国際総合(AFP=時事)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

中国新疆当局、「再教育施設」を法制化 存在否定から一転

CNN.co.jp 10/11(木) 10:53配信

(CNN) 中国新疆ウイグル自治区の当局は11日までに、宗教的過激主義の傾向を批判された住民らの「再教育施設」を法制化したとみられる法令改正を行った。当局は1カ月ほど前、こうした施設の存在を否定していた。

法令改正は「職業スキル教育訓練センター」の普及などを促す内容で、その目的については「反過激主義の思想教育を施す」ためとしている。

人権団体はかねて、愛国心中央政府への忠誠心を強制する取り組みの一環として、中国政府が数十万人に及ぶウイグル族をこうした施設に拘束していると指摘してきた。ウイグル族はトルコ系の言語を話し、大部分はイスラム教を信仰している。

報告書で
国連人種差別撤廃委員会は8月29日のウイグル族などのイスラム教徒が訴追や裁判を経ないまま長期間拘束されているとの情報に懸念を表明した。


ペンス米副大統領も先週、シンクタンクでの演説で同様の批判を展開。「収容所で生き延びた人たちは自分たちの受けた経験について、ウイグル文化を締め付け、イスラム教信仰を根絶しようとする中国政府の意図的な試みだと語っている」と指摘していた。

一方で中国政府は、報告書の内容は正しくないと強く主張し、「恣意(しい)的な拘束や、宗教や信仰の自由の欠如」といった事態は起きていないとしていた。

今回の改正では、「職業スキル教育訓練センター」で中国の共通語や法令、職業技能などに関する訓練を行うよう規定。反過激思想教育に加え、訓練者の思想変革を促すために心理面・行動面の矯正を施し、社会や家族のもとに戻るのを補助するとしている。

実質的には、新疆で大規模収容が行われているとの報道を認めた形だ。

中国新疆当局、「再教育施設」を法制化 存在否定から一転

10月11日(木) 10時53分-国際総合(CNN.co.jp)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
よかったら覗いてみて
f:id:okentac:20161104001155j:plain

終りまでお読み頂き、ありがとうございました
◇◇◇◇◇◇◇◇
(下を「いいね」のようにお願いします。いつも感謝しています
WordPressの運用に特化した
  レンタルサーバ
 【wpXレンタルサーバー】
ショップ名:エックスサーバー株式会社

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇