ネットビジネス情報は海原の波

毎日、沢山の情報が生まれ消えています。どんな情報がいいのか?

衛星写真で見る中国の実効支配5年

衛星写真で見る中国の実効支配5年




南シナ海の西沙(パラセル)諸島はウッデ
ィ島が中心となっています。もちろん人工
島です。行政としては三沙市という特別市
が設立されています。その北東にツリー島
という岩礁があります。


アメリカのシンクタンクがツリー島の2012
年の衛星写真と、2017年の衛星写真を発表
しました。5年間で大きく埋め立てが進み、
施設の建設もされています。島の利用につ
いての記述はありません。中国政府もあま
り公表していないのでしょう。


以下の報道記事には画像がありますが、出
展元のAFPには拡大されたものもありま
した。それを借りて来て、報道記事の下に
掲載しました。よく眺めてみてください。


ASEAN外相会議が開かれましたが、中
国に対して何かを制限するようなことは決
まりませんでした。つまり、人工島を作ろ
うと思えば、公表する必要もなく埋め立て
工事ができる状態です。どういう風に利用
するかも制限はありません。


ASEANの範囲では仲裁裁判所の判決を
口にしても意味がないような雰囲気ができ
てしまい、アメリカ、日本、オーストラリ
アが取り上げても遠吠えにしか聞こえない
のかもしれません。当分、「経済協力」万
歳なのでしょう。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
 

中国が開発進める西沙諸島・ツリー島の変貌、5年前との比較写真

8/12(土) 14:22配信

 

【AFP=時事】米シンクタンク戦略国際問題研究所CSIS)のアジア海事部門「アジア海洋透明性イニシアチブ(AMTI)」は11日、人工衛星写真を提供する米デジタルグローブDigitalGlobe)が2012年12月と2017年1月に撮影した南シナ海(South China Sea)西沙諸島パラセル諸島、Paracel Islands)のツリー島(Tree Island)の衛星写真をAFPに提供した。同島で埋め立てや建造物の建設が続いていることが分かるとしている。

【関連写真】2017年のツリー島

 中国の王毅(Wang Yi)外相は7日、フィリピン・マニラ(Manila)で開かれた東南アジア諸国連合ASEAN)地域フォーラム(ARF)の関連会合で報道陣に対し、中国は南シナ海での埋め立てを2年前に完了したと話していたが、AMTIは9日に衛星写真をウェブサイトに掲載し、王外相の発言は事実ではないと指摘していた。

 AMTIは、中国は2015年以降にツリー島で港のしゅんせつと約10ヘクタールの埋め立てを行い、最近になってヘリパッドと、風力と太陽光の複数の発電施設も完成させたとしている。また、昨年10月の台風で西沙諸島の別の2つの島と結んでいた埋め立て地が流されたため、中国は改めて埋め立てを行い、そこに新しい建物を造ったという。

 AMTIによると、南シナ海の大半に領有権を主張している中国政府は、南沙諸島スプラトリー諸島、Spratly Islands)とパラセル諸島岩礁に造成した人工島に軍用機やミサイルシステムを配備するなどの行動も続けている。【翻訳編集】 AFPBB News

中国が開発進める西沙諸島・ツリー島の変貌、5年前との比較写真

 

AFP=時事 8/12(土) 14:22

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
 
衛星写真1ー2012年のツリー島
 
南シナ海・西沙諸島・ツリー島2012年.PNG
 
衛星写真2ー2017年のツリー島
 
南シナ海・西沙諸島・ツリー島2017年.PNG
 
 
よかったら覗いてみて
トップ・バナー・恋愛.PNG

 

終りまでお読み頂き、ありがとうございました
(以下をいいねと、お願いします。いつも感謝しています) 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

ネットショップするなら
  「カラミーショップ」

ショップ名: GMOペパポ株式会社

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇