読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネットビジネス情報は海原の波

毎日、沢山の情報が生まれ消えています。どんな情報がいいのか?

ダライ・ラマ法王の後継はどうなるだろう

ダライ・ラマ法王の後継はどうなるだろう



 
ダライ・ラマ14世の後継者について、現実の
協議が始まりそうです。本来の領土であるチ
ベットを中国に支配されているので、インド
にある亡命政権という存在はやむを得ないで
しょう。


亡命政権と言っても司法、立法、行政の三権
の形式を備えています。ダライ・ラマ14世
改革を重ねて現在の現代的な政権の形を作っ
たということです。三権の上に法王がいるの
ですが、基本的に三権に介入せず、形式的な
任命をするようです。亡命政権は多くの政府
に支持されています。


法王をどのように決定するかについて、ダラ
イ・ラマ14世は個人の見解は持っていないよ
うです。今まで輪廻転生の方式で法王ダライ・
ラマを選んでいたのですが、今後はチベット
人がほかの方法、今までになかった方法を決
めても問題ないという見解を発表しています。
その話し合いが始まりそうです。


法王はチベット仏教の責任者のような立場で、
精神的な存在で宗教儀式やお祭りをするが、
実際の政治などには参加しないものになるよ
うに思えます。ただし、亡命チベット人社会
にとっては非常に神経を使う問題で、緊張の
連続となりそうです。色々なところから何か
と詮索を受けることもあるかもしれません。


輪廻転生の方式は宗教的で美しくもあるので
すが、チベット人がいる範囲を自由に歩けな
いと不完全なものになるような感じもします。
また実際の指導者になるまでに、あまりにも
年月が掛かり、空白の状態が長いと政権の周
辺が不安定になる心配もあります。チベット
人がさらに散らばってしまうかもしれません。



亡命チベット人の人口は十数万人と言われて
います。1年ほど前、選挙が行われて首相が
選ばれました。政治最高指導者というのが正
式名です。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

ダライ・ラマ14世>「年内にも後継者協議を開始」

毎日新聞 4/12(水) 19:19配信

 【ニューデリー金子淳】ロイター通信などによると、チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世(81)は自身の後継者選びについて、年内にも高僧らによる会議を開いて協議を始める意向を示した。訪問先のインド北東部アルナチャルプラデシュ州で8日に記者会見し、明らかにした。ダライ・ラマ制度の存続については「チベット人が決めることだ」と語り、こだわらない姿勢を改めて示した。

 ダライ・ラマは先代の死後、「生まれ変わり」とされる子供を選ぶ「輪廻(りんね)転生制度」に基づいて決めるのが伝統だった。ただ、14世はこれまでも、制度の廃止や、存命中に後継者を選ぶ可能性に言及し、独自に後継者を擁立する姿勢を見せている中国をけん制してきた。

 14世は「人々がダライ・ラマ制度を不適切と感じれば、終わるのが自然」と指摘。自身が80代後半~90歳になるころ、制度の存続を含め最終決定されるとの見通しを示した。

 14世はチベット北東部(現中国青海省)の農家に生まれたが、幼少時に先代の後継者に選ばれ即位。1959年にインドへ亡命し、中国チベット自治区の自治拡大を訴えてきたが、2011年に政治活動をやめ、宗教活動に専念している。

<ダライ・ラマ14世>「年内にも後継者協議を開始」

毎日新聞 4/12(水) 19:19

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 
f:id:okentac:20170419234728j:plain
 
 
ダラムサラのナムギャル僧院
 
f:id:okentac:20170420021257j:plain
 
 

よかったら覗いてみてください

最後までお読みいただき、ありがとうございました。 


(以下をいいねと、お願いします。いつも感謝しています)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

★有名人の等身大フィギュアを展示!

【マダムタッソー】

ショップ名:マーリン・

エンターテイメンツ・ジャパン株式会社

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇