読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネットビジネス情報は海原の波

毎日、沢山の情報が生まれ消えています。どんな情報がいいのか?

「アメリカ自由勲章」 17歳少女マララさんの 声(スピーチ)を探る14~17

マララさんに「アメリカ自由勲章
ノーベル平和賞 17歳少女マララさんの
声(スピーチ)を探る 14 

 

こんにちは。
2年以上前の2014年の記事を少し
触ったのでここに掲載します。

 
マララさんがアメリカの自由勲章を受章しました。
自由勲章は「リバティ・メダル」と呼ばれている
のですが、国立の憲法センターから世界の自由を
守る活動をした人に贈られている勲章です。

この自由勲章の受賞に際してマララさんの声(スピーチ)は、

「今も5700万人の子どもが教育を受けられていない、すべての子どもが学校に通えるようになることが目標」。

「自由勲章の賞金をパキスタンの教育支援に充てる」。

世界の国々に対し、
「武器への支出を止めて子どもの未来に投資するべきだ」。

「教育は、貧困や無知、テロリズムに立ち向かうことのできる一番の武器だ。だから私は、戦争にノーと言おうと、世界中の国々に呼び掛ける」。

ということです。

メルケルさんなら言いそうな内容という気もするのですが、
マララさんも大変な話をしますね。

アメリカ憲法センターはフィラデルフィアにあるのですが、
これは歴史的な意味があります。1776年にトーマス・
ジェファーソンがアメリカ独立宣言を行った場所は
フィラデルフィアでした。

このように独立頃はアメリカの中心的な役割をしていました。
その後短期間ですがアメリカの首都になりました。

アメリカの憲法についてですが、イギリスからの独立以前に
秘密で検討が始まっていたようです。

独立宣言の後もフィラデルフィアを中心に憲法について
秘密の会議がされ、発効したのは1788年です。

世界最初の成文憲法といわれています。
ちなみに、フランスの憲法が成立したのは1793年です。

日本人にとっては古いことについて、では聖徳太子の十七条憲法は?
ということになりますが、共通するところもあるかもしれません。

ということで、マララさんは17歳にして、アメリカの由緒正しい
勲章を受賞したのです。その名も「リバティ・メダル」です。

地球上のどこに行っても喜ばれそうな名前ですね。
日本人ももらった人がいる勲章です。

◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇

マララさんに「自由勲章」、全米憲法センター

AFP=時事 10月22日(水)15時54分配信

 

【AFP=時事】史上最年少のノーベル平和賞(Nobel Peace Prize)受賞が決まった子どもの権利活動家マララ・ユスフザイ(Malala Yousafzai)さん(17)が21日、全米憲法センター(National Constitution Center)から、世界の人々の自由を守る上で顕著な活動をした人に贈られる自由勲章(Liberty Medal)を授与された。

世界的な「教育危機」による損失、約13兆円 ユネスコ

 マララさんは授章式で、今も5700万人の子どもが教育を受けられていないと述べ、すべての子どもが学校に通えるようになることが目標だと語った。

 マララさんは、自由勲章の賞金をパキスタンの教育支援に充てると表明。世界の国々に対し、武器への支出を止めて子どもの未来に投資するべきだと呼び掛けた。

「教育は、貧困や無知、テロリズムに立ち向かうことのできる一番の武器だ。だから私は、戦争にノーと言おうと、世界中の国々に呼び掛ける」とマララさんは述べた。

 これまでの自由勲章の受章者にはジョージ・H・W・ブッシュ(George H.W. Bush)、ビル・クリントン(Bill Clinton)の2人の元米大統領のほか、ネルソン・マンデラ(Nelson Mandela)元南アフリカ大統領、シモン・ペレス(Shimon Peres)前イスラエル大統領、コフィ・アナン(Kofi Annan)前国連(UN)事務総長、アイルランドのロックバンド「U2」のボーカル、ボノ(Bono)さんらがいる。【翻訳編集】 AFPBB News

(ヤフーニュース 国際総合からです)その他の記事です

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

マララさんに「アメリカ自由勲章」

ノーベル平和賞17歳少女マララさんの声

(スピーチ)を探る 15

 
 
今回は、前ページの続きになるのですが、マラ
ラさんが自由勲章を受賞した時の、
ユーチューブ動画がありました。

なんとなく、リラックスした受賞スピーチのよ
うです。会場の人々も楽しんでいる雰囲気です。


ページ下からユーチューブで会場を覗いてみて
下さい。日本語通訳、日本語訳が入ったものは
見当たりませんでした。


受賞時のマララさんが手にしていた自由勲章
「リバティ・メダル」の画像がありました。

メダルの中央がベル(教会の鐘)のデザインになっ
ています。「フリーダム・ベル」と呼ばれていますが、
中央部にひびが入っています。

この「フリーダム・ベル」と、そのひびについて、1776年
の独立当時の逸話があります。たどると面白いですよ。


鐘に入ったひびも楽しみ、国の記念にするのはアメリカ
文化、と言っていいのではないでしょうか。
 
アメリカの自由勲章は大統領が授与するのもあり、
大統領自由勲章」と呼ばれています。最近では
 
バイデン副大統領がオバマ大統領から授与されました。
オバマ大統領最後の仕事として全米に放映されたと
いうことです。
 
◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆
アメリカの自由勲章 Liberty  Medal
 
f:id:okentac:20170412084745j:plain

 
f:id:okentac:20170412125528j:plain
 
日本人では1995年に、国連難民高等弁務官だった
緒方貞子さんが受賞しました。

◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆

マララさん自由勲章の受賞動画
 
アメリカ憲法センター(フィラデルフィア
 ユーチューブの動画です
 
うまく起動しない場合は以下のURLを試してください。
 
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
 

ノーベル平和賞 17歳少女マララさんの声

(スピーチ)を探る 16

 米タイム誌の「最も影響力あるティーン」

 

 

こんにちは。


マララさんがアメリカのタイム誌の「最も影響
力のあるティーン」に選ばれました。
 
タイム誌の基準はアメリカ国内の範囲だけでな
く、世界のようです。

タイム誌には「タイム100」という企画を設け
ていて、毎年「世界で最も影響力のある人物
100人」を取り上げています。

そのジュニア版と考えていいでしょう。
今回は25人が選ばれました。

マララさんの声(スピーチ)がどこにどう影響
するか、勝手に想像してみました。

教育ということから、教科書の中に取り上げら
する可能性が高いのではないでしょうか。

マララさんの声(スピーチ)を学んで、教育は
重要なことなんだ、なら、将来は先生になろう、
と勉強する少年少女が増えそうに思えます。

自由勲章受賞の時、マララさんは「武器よりも
子供の教育を」ということだったのですが、
マララさんの声を覚えて成長し、

大人になるとしたら、その影響は将来に向けて
計り知れないもの、という気がします。

では、どこの地域で教科書の中に、ですがパキ
スタンから西、大西洋までの範囲では教科書に


取り入れるかどうか分かりませんね。トルコな
らいくらか可能性がありそうですが。


インドから東のイスラム圏はあまり問題はない
ように思われます。インドで教科書に取り上げ
られると非常にいいのではないでしょうか。


共同受賞のカイラシュさんの功績だって立派な
ものです。

さて何も想像つかないところもあります。

ノーベル賞は国家的名誉とか優越のために欲し
いが、国内の実情は子供たちには知られたくな
い、と思える国々もあります。  
◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆ 

米タイム誌の「最も影響力あるティーン」、マララさんなど選出

2014年 10月 14日 18:08 JST
 
 
 10月13日、米タイム誌は、「2014年の最も影響力のある25人のティーン」を発表。今年のノーベル平和賞の受賞が決まったマララ・ユスフザイさん(17)やオバマ大統領の長女と次女などが選ばれた。写真はオバマ大統領と娘たち(2014年 ロイター/Larry Downing)
 
 

[ロサンゼルス 13日 ロイター] - 米タイム誌は、「2014年の最も影響力のある25人のティーン」を発表した。

今年のノーベル平和賞の受賞が決まったパキスタン出身で女子教育の権利を訴え続けているマララ・ユスフザイさん(17)やオバマ大統領の長女と次女などが選ばれた。

姉妹やチームも含まれるため実際には合計29人になる。

タイム誌は、ソーシャルメディアのフォロー状況やビジネス面での成功、文化的重要性などを分析して25人を選出した。

オバマ米大統領の長女マリア・オバマさん(16)と次女サーシャ・オバマさん(13)や、グラミー賞に輝いたニュージーランド出身のシンガー、ロード(Lorde)(17)など、選ばれたティーンの大半は女性。

男性では、香港民主化デモで中心的役割を果たしている学生団体の代表、黄之鋒(ジョシュア・ウォン)さん(18)などがリスト入りした。

最年少は、アメリカの野球界で天才野球少女として話題となっているモネ・デイビスさん(13)とサラ・オバマさん。

(ヤフーニュース 北米からです)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
 

教科書にどうかな 17歳少女マララさんの声

(スピーチ)を探る 17

 
 
 
前回のマララさんの声を探る16では、もし教科
書に取り入れられると影響は計り知れないほど
大きいでしょう、と書きました。

そう思ったその部分をマララさんの声(スピーチ)から取上げてみます。

◆「受賞を知った経緯・・・・・化学の授業で・・・・・・」
◆「でもそのとき、突然女性の先生が・・・・・・」

◆「先生や友達の反応は・・・・・」
◆「・・・・・私は本当に幸せです・・・・・
  みんなに支えられていることが幸せなのです。」

何の誇張もなく、普通の少女の姿ですね。このような文が教科書の中にあると、

学ぶ側の生徒たちはクラスメイトの作文の中にノーベル賞という語が出てくる感じがし、親しみや喜びも感じるのではないでしょうか。

こんなかわいらしいことが書けるノーベル賞受賞者は将来も出てこないように思えます。

スピーチの目的ではないのですが、学校やクラスの意味も含まれていると思います。勉強できること、その仲間といることが幸せなんです、ということです。なんともかわいいですね。

以下のマララさんの声(スピーチ)を読んでみてください。
 
◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆
 
マララさんの声(スピーチ) ノーベル平和賞の受賞が決まった時

 受賞を知った経緯について話します。私は化学の授業で電気分解を学んでいました。10時15分頃だったと思いますが、既に賞の発表は終わっていたし、受賞するとも思っていませんでした。10時15分になった時、受賞できなかったと確信しました。

でもその時、突然女性の先生が教室に入ってきて私を呼び、「大事なことを話します」と言いました。そして、「おめでとう。ノーベル平和賞の受賞が決まったよ。しかも、子供の権利のために闘っている素晴らしい人と一緒にね」と言われ、とても驚きました。

 感じたことを表現することは時々難しいものですが、私は本当に光栄に感じ、より力強く、勇気を得た気がしました。なぜならこの賞は、身につけたり部屋に飾ったりするための単なる金属やメダルではないからです。

私が前に進むため、私自身を信じるため、人々が私の運動を支援してくださっていることを知るための、励みとなるのです。私たちは団結しているのです。

私たちは皆、全ての子供が良い教育を受けられることを確実にしたい。だから、この賞は私にとって本当に素晴らしいものなのです。

 でも受賞したことを知った時、学校にこのままいようと決めました。むしろ、学校の時間を最後まで過ごそうと、物理の授業、英語の授業に出席しました。いつも通りに過ごしました。

先生や友達の反応はとてもうれしかったです。みんな私のことを誇りに思うと言ってくれました。私は学校、先生、友達の愛や支援に本当に感謝しています。

みんなが私を勇気づけ、支援してくれます。私は本当に幸せです。ノーベル賞が試験に役立つわけではなく、それは私の努力次第なのですが、それでも、みんなに支えられていることが幸せなのです。

 
 終りまでお読みいただき、ありがとうございました
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇