ネットビジネス情報は海原の波

毎日、沢山の情報が生まれ消えています。どんな情報がいいのか?

軍事拠点がどんどん進む南沙諸島

軍事拠点がどんどん進む南沙諸島
 
 
 
 
南シナ海南沙諸島で中国が建設していた人工
島では建物もどんどん完成し、軍事基地に向か
っていることが鮮明になっています。アメリカ
政権交代期の空白状態を狙って、軍事基地の
建設を急速に進めたようです。


ファイアリークロス礁、ミスチーフ礁、スービ
礁の3つの人工島で滑走路に次いで格納庫が確
認されました。レーダー施設も完成していると
いうことなので、もう空軍基地と思っていい状
態のようです。


前ページでは口先で中国の人工島を封じ込める
方法のようなことを掲載しましたが、現状では
衛星写真からですが、南沙諸島に立派な空軍基
地が3つも完成しているようです。この記事の
配信は3月28日です。


前ページとのつじつまを考えるなら、仲裁裁判
の判決を基にすると立派な格納庫やレーダーシ
ステムができても壁に穴をあけたり、屋根を壊
しても問題ないことになります。ただ無事に家
に帰れるかどうかは別です。家に帰れない時は
あの「地獄絵図」のようになることでしょう。


以下に防衛省から南沙諸島の地図、産経フォト
からファイアリークロス礁の衛星写真を借りて
きました、掲載します。


2番目の記事は日本からフィリピンへの支援で
す。海上自衛隊の練習機が日本から2機届いた
ようです。航続距離が1900kmということで、
海の上を監視するにも有効な練習機です。

出発点の基礎のような本当に地道なところへの
協力ですが、いつか理解してもらえることもあ
るでしょう。巡視船もフィリピンに届けていま
す。後日ベトナムやインドに伝わって包囲網が
しっかりすることを期待しましょう。

 
南沙諸島の地図(防衛省のページから)
 
 
ファイアリークロス礁の滑走路と格納庫
 HANGERSとあるのが格納庫です。
 (画像は産経フォトから)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

南シナ海中国軍事施設「ほぼ完成」米シンクタンクが分析

産経新聞 3/28(火) 22:28配信

 

 【ワシントン=黒瀬悦成】米政策研究機関「戦略国際問題研究所」(CSIS)は27日、中国が南シナ海で領有権を主張するスプラトリー(中国名・南沙)諸島に造成した3つの人工島で大型格納庫やレーダー施設をほぼ完成させ、いつでも作戦機や地対空ミサイルを配備できる状態にあるとする、最近の衛星写真に基づく分析を発表した。

 中国による南シナ海の軍事拠点化を強く批判してきたトランプ米政権の反発は必至で、4月上旬に米国で予定されている米中首脳会談でも主要議題の一つとなりそうだ。

 中国はパラセル(西沙)諸島のウッディー(永興)島でも滑走路を完成させ、HQ9地対空ミサイルを配備済み。同研究所は、中国が今後、南シナ海のほぼ全域で軍用機と早期警戒レーダー網を運用できるようになると警告した。

 同研究所によると、スプラトリー諸島のファイアリークロス(永暑)礁、ミスチーフ(美済)礁とスービ(渚碧)礁の各人工島で、作戦機24機が収容できる格納庫の建設が終了していることが確認された。

 また、ファイアリークロス礁では爆撃機などの大型機3機を収容できる格納庫が完成したほか、ドーム式レーダー施設も複数設置された。ミスチーフ礁では最近建設されたミサイル格納シェルターに開閉式の屋根が取り付けられた。

 スービ礁では、空爆やミサイル攻撃の探知を目的とする高周波レーダーとみられる設備が確認された。

南シナ海の中国軍事施設「ほぼ完成」米シンクタンクが分析

産経新聞 3/28(火) 22:28

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

海自機、フィリピンへ引き渡し 南シナ海めぐる中国への牽制強化

産経新聞 3/27(月) 19:27配信

  •  

 日本がフィリピンに貸与する海上自衛隊の練習機「TC90」2機の引き渡し式が27日、首都マニラ近郊のサングレーポイント海軍基地で行われた。自衛隊機の他国への貸与は初めて。

 フィリピンの警戒監視能力強化を通じて、南シナ海の軍事拠点化を進める中国を牽制する狙いがある。練習機貸与はアキノ前政権で決まったが、米国批判を繰り返すドゥテルテ大統領を米国中心の同盟網にとどめる効果も期待する。

 引き渡し式には若宮健嗣防衛副大臣が出席し「フィリピンは戦略的パートナーだ。今後も惜しみない支援をしたい」と述べた。平成29年度中に、さらに3機貸与し、パイロットや整備員の教育・訓練も支援する。

 フィリピン政府は当初、練習機の無償譲渡を求めたが、現行法では国有財産について「適正な対価」での譲渡・貸与を義務づけているため貸与とした。政府が今国会に提出した自衛隊法改正案が成立すれば、無償で譲渡できる。

 TC90の航続距離は約1900キロで、フィリピン海軍が現在運用している航空機の約1.7倍。日本政府は、フィリピン政府に計12隻の新造巡視船を供与することでも合意している。

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 

家族と引き離すな=子象の国外移送、仏僧ら反対―スリランカ

時事通信 4/1(土) 19:35

 

よかったら覗いてみてください

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 
(以下をいいねと、お願いします。いつも感謝しています)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

クラウドレンタルサーバー【Zenlogic】

ショップ名:ファーストサーバ株式会社

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇