読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネットビジネス情報は海原の波

毎日、沢山の情報が生まれ消えています。どんな情報がいいのか?

何とか電話会談できた、次は直接会談

ニュース・時事 暮らし
何とか電話会談できた、次は直接会談
 



ロシアのメディアが言うように、ウクライナ
府軍がアメリカの新政権の注意を引くために戦
闘を始めという報道が正しいかどうかは分かり
ませんが、とにかくトランプ米大統領とポロシ
ェンコ大統領は2月4日に電話会談をしました。
トランプ大統領は「国境沿いの平和を取り戻す
ために協力する」ということです。


2番目の記事は、ポロシェンコ大統領がアメリ
カを訪問し、トランプ大統領と直接会談する方
向で調整を始めたということです。プーチン
統領がトランプ大統領に接近するのをけん制で
きるかもしれません。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

トランプ氏、ウクライナ大統領と電話会談

朝日新聞デジタル 2/5(日) 18:47配信

 トランプ米大統領は4日、ウクライナのポロシェンコ大統領と初の電話会談をし、東部で戦闘が続くウクライナ情勢などについて協議した。ホワイトハウスによるとトランプ氏は「我々はウクライナ、ロシア、他の関係国と国境沿いの平和を取り戻すために協力していく」と伝えたという。

 ウクライナ東部では1月下旬から政府軍と親ロシア派との戦闘が激化し、ウクライナ、ロシアの両政府が互いを非難している。

 オバマ前政権は、ロシアによるウクライナクリミア半島併合を巡って欧州各国とともにロシアに経済制裁を科し、ウクライナ情勢でロシア側を激しく非難し続けてきた。だが、トランプ氏は大統領選中にクリミア半島併合を容認するような発言をし、ロシア寄りの姿勢を鮮明にしている。就任後も一貫してロシアへの批判を避けている。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

トランプ氏との直接会談調整=米ロ接近懸念―ウクライナ大統領

時事通信 2/9(木) 14:17配信

 【モスクワ時事】ウクライナのポロシェンコ大統領が近く訪米し、トランプ米大統領と直接会談する方向で調整を進めている。

 ウクライナ東部では1月下旬から政府軍と親ロシア派の戦闘が激化。ポロシェンコ氏は、ロシア寄りの発言を繰り返すトランプ氏に懸念を抱いており、会談でウクライナ紛争をめぐり米欧が科す対ロシア制裁の継続を訴え、協力を確認したい考えだ。

トランプ氏との直接会談調整=米ロ接近懸念―ウクライナ大統領

時事通信 2/9(木) 14:17

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 
よかったら覗いてみてください

すぐに他人から好かれる人嫌われる人 

 
終りまでお読み頂き、ありがとうございました
(以下をいいねと、お願いします。いつも感謝しています) 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

★「ニキビ集中ケア」エステ体験
 
 

  ショップ名: エルセーヌ 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇