ネットビジネス情報は海原の波

毎日、沢山の情報が生まれ消えています。どんな情報がいいのか?

「狂犬」の意味がアメリカ軍では違うよう

「狂犬」の意味がアメリカ軍では違うよう
 
 
 
 
 
トランプ新政権のマティス国防長官が来日しま
した。この前に韓国を訪問し、北朝鮮などの見
解を表明したようです。今の韓国は非常に難し
い状態なので、国防の問題が少しぼやけて受け
止められている可能性もあります。それは本来
の韓国の民族性かもしれません。


マティス新国防長官は韓国の後に東京に来まし
た。何といってもアメリカでは「狂犬マティス
と言われ、それがいいとされて国防長官に指名
されたとも言われています。蔵書が7000冊と
言われ、知識に溢れているのかもしれません。


今回の韓国、日本訪問では無駄なことがなく全
体を把握しているといった雰囲気です。オバマ
政権でもアメリカ中央軍司令官を務めていたこ
ともあります。


稲田防衛相との会談では尖閣諸島、沖縄など基
本的な状況が具体的に話し合われたようです。
もちろん中国の体質と動きを前提にしています。


2番目の記事は現状を踏まえて、日本側をしっ
かり支持するということです。新しくアメリカ
の国防長官に就任し、日本の状態は十分把握し
ているということなので、日米同盟はしっかり
している、中国の挑発や侵入は心配する必要は
ない、ということになります。実際、アジアの
状況の把握は新任とは思えないほど詳細を知っ
ているようです。


全くの余談ですが、中国外交部の王毅部長の発
言と比べると面白いかもしれません。意味があ
るとかではありません、表現方法だけの部分で
です。ということでマティス国防長官に期待し
ましょう。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

<日米防衛相会談>南シナ海の中国に懸念共有 関与強化へ

毎日新聞 2/4(土) 12:13配信

 稲田朋美防衛相は4日午前、防衛省マティス米国防長官と約1時間25分会談した。トランプ政権発足後、初めての日米防衛相会談で、東シナ海南シナ海での中国の活動について「アジア太平洋地域の安全保障上の懸念」との認識を共有した。南シナ海への関与強化も確認。核・ミサイル開発を進める北朝鮮については「日米両国と地域の安定に対する重大な脅威」との認識で一致した。

【写真特集】日米防衛相会談 稲田防衛相とマティス米国防長官の思惑は…

 会談後の共同記者会見で稲田氏は「日米同盟が日本とアジア太平洋地域の平和と安定の確保のために重要であり、同盟の抑止力、対処力を一層強化すべく連携していくことを確認した」と強調した。マティス氏も「同盟関係は永続的で、アジア太平洋地域の安定の要石であることに変わりはない。引き続き協力体制をとっていきたい」と応じた。

 中国による南シナ海での活動についてマティス氏は「中国が信頼を踏みにじった」「対決的行動を高めており脅威になっている」と強く批判した。稲田氏は米軍による「航行の自由」作戦に対する支持を表明し、日本としても周辺国への能力構築支援などで関与を強めていく考えを示した。

 米国の対日防衛義務を定めた日米安保条約第5条の沖縄県尖閣諸島への適用や、米国による「核の傘」を含む拡大抑止の維持も改めて確認した。日本の島しょ部への侵攻や朝鮮半島有事などを想定した自衛隊と米軍の共同計画の策定が課題となっており、作業を今後加速させるとみられる。

 会談では、沖縄の基地負担軽減で協力するとともに、米軍普天間飛行場沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設が「唯一の解決策」とする方針を確認した。防衛省は週明けにも辺野古沿岸部で埋め立て本体工事の海上作業に着手。県による埋め立て承認の取り消し処分を違法と結論づけた最高裁判決に従い、作業を着実に進める姿勢を示す。

 日米両政府は2015年春に新たな日米防衛協力のための指針(新ガイドライン)を策定。会談で日米同盟の抑止力と対処力の強化を確認したことで、トランプ政権下でも新ガイドラインに基づき、米軍部隊の武器等防護(米艦防護)や後方支援、サイバー防衛など、日米共同対処の具体化を進める見通しだ。【梅田啓祐、村尾哲】

<日米防衛相会談>南シナ海の中国に懸念共有 関与強化へ




毎日新聞 2/4(土) 12:13

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

マティス米国防長官、安倍首相と会談 日本を「100パーセント支持」

AFP=時事 2/3(金) 21:37配信

【AFP=時事】ジェームズ・マティス(James Mattis)米国防長官が3日、来日し、米国は「100パーセント」日本を支持すると表明した。

 ドナルド・トランプDonald Trump)氏が米大統領に就任して以降、初めての来日となるマティス氏は、安倍晋三(Shinzo Abe)首相に対し「われわれは100パーセント、しっかりと肩を並べて首相、そして日本国民を支持していく」と語った。

 また、マティス氏は「安保条約第5条が1年前と変わらず、さらに5年前でも、10年先でも変わらず重要であると考えていることを明確にしたい」と述べ、日本の領域内での武力攻撃について、日米双方が共同で対処すると規定した日米安全保障条約第5条の重要性を確認した。【翻訳編集】 AFPBB News 

2/3(金) 21:37

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 

 
終りまでお読み頂き、ありがとうございました
(以下をいいねと、お願いします。いつも感謝しています)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

★「ヘテムル」レンタルサーバー
 
 

ショップ名: GMOペポパ株式会社  

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇