読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネットビジネス情報は海原の波

毎日、沢山の情報が生まれ消えています。どんな情報がいいのか?

自由や民主主義がフルに・・とダライ・ラマ

自由や民主主義がフルに・・とダライ・ラマ
 
 
 
 
ダライ・ラマ14世が「未来は自由や民主主義が
フルに生かされる社会でなければならない」と
発言したということです。これは日本チベット
国会議員連盟で講演でのことです。

さらに、アメリカは民主主義を先導する大国な
ので、冷静な政権運営をするべき、全体主義
陥ってはならない、ということです。


この記事にダライ・ラマ14世の年齢がありま
す。80才ですね。本当にお元気で世界を飛び
回っています。


ダライ・ラマの発言には関係あるかどうか、
アメリカの大統領選挙の結果を整理したもの
がありました。州ごとに獲得した選挙人の数
を地図に落としたものです。得票が多かった
方が総取りする方法なので州ごとに色分けで
きます。

トランプ氏が勝利した州が30州、クリントン
氏が勝利した州が23州です。トランプ氏の獲
得数306人、クリントン氏232人です。

これで何かが分かるということはないのです
が、結果として、面積的にも勝利する必要が
あるように思われます。勝手な推測ですが、
少々過激な発言で注意を集める方がいいのか
もしれません。
 
州ごとの選挙人獲得数地図
 
 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

ダライ・ラマ氏、トランプ次期大統領に冷静な対応を

日刊スポーツ 11/16(水) 23:21配信

 チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ法王14世(80)が16日、国会内で開かれた「日本チベット国会議員連盟」で講演し、「今後やってくる未来は、自由や民主主義がフルに生かされる社会でなければならない」と、訴えた。その上で、米大統領選で勝利したトランプ次期大統領を念頭に、冷静な政権運営を呼び掛けた。

 質疑応答で、トランプ氏や、「フィリピンのトランプ」といわれるドゥテルテ大統領の誕生など、過激な言動で物議を醸す新リーダーたちの出現に触れて、日本の立ち位置を問う質問が出た。

 ラマ氏は「それは、日本の方々がいちばんよく分かっている。私は日本滞在中に、大好きな米やうどんを楽しんでいるだけの人間だから」と笑わせながら、米大統領選に関して「今回の選挙は複雑なものがあったと思う」と指摘した。

 その上で、「米国は民主主義をうたってきた世界の大国だ。世界全体を導く国として、民主主義に従った政治をしてほしい。けして、全体主義(個人より、国家の利益を優先させる体制)に陥ってはならない」と述べ、トランプ政権に冷静な対応を取るよう呼び掛けた。

 同議連は、チベットの現状を正しく理解し、支援することを目的に設置。自民党下村博文幹事長代行ら超党派の議員が参加した。

ダライ・ラマ氏、トランプ次期大統領に冷静な対応を

日刊スポーツ 11/16(水) 23:21

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 
よかったら覗いてみてください
 


終りまでお読み頂き、ありがとうございました
(以下をいいねと、お願いします。いつも感謝しています)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

【プラセンタ100】1ヶ月分(100粒)とくとくコース

ショップ名:銀座ステファニー化粧品株式会社

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇