ネットビジネス情報は海原の波

毎日、沢山の情報が生まれ消えています。どんな情報がいいのか?

麻薬取締りの1実例と国の目標人数

麻薬取締りの1実例と国の目標人数
 
 
 
 
フィリピン南部 ミンダナオ島で麻薬取締りの
銃撃戦があり、町長とボディガード9人が死亡
したということです。前ページに少し記述があ
ったものです。この町長はすでに麻薬取締りの
リストにあり、容疑を持たれていたようです。

社会的地位にありながら、ボディーガード9人
に銃を持たせて麻薬取引を行っていたようです
ね。これがフィリピンの社会の現実なのでしょ
う。外部から「人権侵害とか批判しないでくれ」
という理由の一つのようです。


人格障害を探索されているようでもあるのです
が、ドゥテルテ大統領は「2万から3万人死ぬ」
と言い、国民には大きな反対もありません。む
しろ期待しているようでもあります。無法層の
根が深いと思われます。


2番目の記事は、フィリピン国家警察の発表な
のですが、現在麻薬使用で自首した者が70万
人、しかし、数が伸びなくなったので、拘束者
の目標を180万人とし、取締りの対象を広げる
ということです。何とまあーー、何ということ
なんでしょう、180万人とは。


整理すると、

ドゥテルテ大統領の発言、
「今から2万人から3万人死ぬ」

麻薬取引の町長とボディガード、
銃撃戦の末、10人が殺害される

フィリピン国家警察の発表、
拘束する麻薬中毒者の目標を180万人にする。


ということなんですが、フィリピンは南シナ海
の将来のカギを握っています。



 
f:id:okentac:20161105055024j:plain

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

麻薬密売疑いの町長ら10人、警察との銃撃戦で死亡 フィリピン

AFP=時事 10/28(金) 18:07配信 

【AFP=時事】フィリピン南部ミンダナオ(Mindanao)島のマキララ(Makilala)で28日、麻薬密売への関与が疑われていた町長とそのボディーガード9人が、警察との銃撃戦で殺害された。

 死亡したのは同島のマギンダナオ(Maguindanao)州サウジ・アムパトゥアン(Saudi Ampatuan)のサムスディン・ディマウコム(Samsudin Dimaukom)町長で、ロドリゴ・ドゥテルテ(Rodrigo Duterte)大統領が、違法薬物取引に関与しているとして挙げていた自治体の高官や判事、警察関係者ら150人以上のうちの1人だった。

 警察当局によると、違法薬物を輸送しているとの疑いから警察の麻薬対策班が検問でディマウコム町長らの車両を止めると、町長側から発砲してきたため、警官隊が応戦したという。

 事件の数時間前、日本訪問を終えて帰国したドゥテルテ大統領は、警察による麻薬犯罪の容疑者殺害を強化すると述べていた。【翻訳編集】 AFPBB News

薬密売疑いの町長ら10人、警察との銃撃戦で死亡 フィリピン

AFP=時事 28日(金)18時7分

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

【フィリピン】麻薬捜査の対象拡大、BPOや工場など

NNA 10/28(金) 11:30配信

 フィリピン国家警察(PNP)は、違法薬物に対する捜査をビジネス・プロセス・アウトソーシングBPO)業界や工場などの事業所、教育機関にも広げる方針を明らかにした。24時間営業のコールセンターでは、眠気を覚ますために麻薬を使用する従業員がいるとみている。27日付ビジネスミラーが伝えた。 

 デラロサ長官は、「薬物捜査をこれまで対象としていなかった分野に広げる」と述べた。事業所などのほか、PNP内部も対象とする計画を示した。

 PNPは、麻薬撲滅に向けて180万人の麻薬使用者の身柄を拘束する目標を掲げている。デラロサ長官は、「自首した者や逮捕者の数が70万人を超えてから伸びていないため、捜査対象を従来から広げることにした」と説明した。
 フィリピンの麻薬捜査では、マニラ首都圏警察(NCRPO)がこのほど、有名俳優を含む著名人54人を容疑者としてリストアップしたと発表している。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


よかったら覗いてみてください
 


終りまでお読みいただき、ありがとうございました
(以下をいいねと、お願いします。いつも感謝しています)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 
 ショップ名: GMOペパポ株式会社

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇