ネットビジネス情報は海原の波

毎日、沢山の情報が生まれ消えています。どんな情報がいいのか?

帰国の第一声は「断絶しない」と記者団へ

帰国の第一声は「断絶しない」と記者団へ
 
 
 
 
 
ドゥテルテ大統領は帰国の第1声が「アメリカ
とは断絶しない」と記者団に語ったということ
です。しかも「そんなことは私にできない」と
いうことです。

釈明として外交を分離するというのですが、ど
ういう内容かは不明です。一応、過去の政権は
アメリカ政府の言いなりであり、自分は独自の
外交をすると釈明したようです。


2番目の記事は、アメリカ政府の報道官の発言
ですが、「自らの発言を自覚する必要がある」
ということです。「あまりに多くの問題発言を
繰り返し・・」と非難しきれないようです。


今までにフィリピン政府はドゥテルテ大統領の
色々な発言の度に公式な方針ではないとのお断
りを繰り返しているのですが、外交に混乱が生
じ始めているようです。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

ドゥテルテ比大統領「対米関係断絶せず」、本意は外交政策の分離

ロイター 10月22日(土)4時18分配信

 

[ダバオ(フィリピン) 22日 ロイター] - フィリピンのドゥテルテ大統領は21日、米国との関係を断絶しない方針を表明した。訪中を終えて帰国後、記者団に語った。


訪中時には、米国との「決別」を表明していた。ドゥテルテ氏は、自国の外交政策と米政策を分離させるという趣旨だったと説明した。

「米国の外交政策とぴったり一致させる必要はない。そういう意味だ」「関係を断絶するのでない。そんなことは私にできない」と話した。

ドゥテルテ比大統領「対米関係断絶せず」、本意は外交政策の分離

ロイター 4時18分

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 

比大統領、「米との断交ではない」発言釈明 米は非難「自覚を」

産経新聞 10月23日(日)7時55分配信

 【ワシントン=青木伸行、シンガポール=吉村英輝】アーネスト米大統領報道官は21日の記者会見で、「米国と決別する」とのフィリピンのドゥテルテ大統領の発言について、「両国関係に不必要な不確実さをつくり出している。あまりに多くの問題発言を繰り返し、それは個人的なものであったり攻撃的であったり、混乱に満ちている」と非難した。

 さらに、ドゥテルテ氏には「自らの発言が引き起こす事態を自覚する責任がある」と強調。相互防衛条約などに基づく義務を引き続き履行するよう求めた。

 一方、ドゥテルテ氏は22日、中国訪問を終えて帰国した後、記者会見し、「決別」とは「(米国との)外交関係を断ち切る断交ではない」と釈明した。「私が言ったのは、外交政策での決別という意味だ。過去の政権は米国の指示に常に従っていた」と述べ、中露などとの協力関係を強化する「独自外交路線」に転換すると訴えた。

 25日からの日本への公式訪問をめぐっては、南シナ海問題で「平和的に話をし、良い方策を考え出すことで合意できる」と述べ、安倍晋三首相との会談で協議する考えを表明した。

比大統領、「米との断交ではない」発言釈明 米は非難「自覚を」

産経新聞 7時55分

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 
よかったら覗いてみてください

button.png
 
 
終りまでお読みいただき、ありがとうございました
(以下をいいねと、お願いします。いつも感謝しています。
Newです)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

GMOクラウド ALTUS(アルタス)

  国内最大級のパブリッククラウド

 

ショップ名:GMOクラウド株式会社

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇