読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネットビジネス情報は海原の波

毎日、沢山の情報が生まれ消えています。どんな情報がいいのか?

とうとう韓国政府が艦砲射撃を許可

とうとう韓国政府が艦砲射撃を許可
 
 
 
韓国の海警艇が中国漁船に体当たりされ沈没さ
せられたことを受けて、韓国政府は艦砲射撃と
体当たりをすると決定しました。海警官の身の
安全を考えるとしたら、やむを得ない決定でし
ょう。

20ミリとか40ミリ砲で密漁漁船の船体を射撃
するということです。また、体当たりも追加す
るようです。規定にはあったけれど、これまで
は個人火器の使用までだったということです。



2番目の記事は南シナ海海南島地域の漁船に
ついてですが、海南島の三亜の漁港には2000
隻の漁船が停泊し、大きさ3000tを超える漁
船も見られ、警備艇よりも大きいということ
です。漁民は海上民兵であり、政府は出漁の
際に燃料補助金を出しているということです。

黄海の漁民が海南島の漁民と同じという報道
はありませんが、報道はなくても共通する部
分を持っている可能性はあります。また今後、
海上民兵に組織化されることもあるでしょう。
とにかく掲載しました。配信日は9月26日で
す。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

韓国政府「必要に応じて中国漁船に艦砲など支援火器を使用」

ハンギョレ新聞 10月12日(水)17時11分配信

  •  
政府、中国密漁漁船の取り締まり強化対策を発表 暴力使用する漁船には「艦砲射撃、体当たり」などで強力に対応 逃走漁船は公海上まで追跡し検挙する作戦に切り替える

 今月7日、西海(黄海)上で違法に操業していた中国漁船が、海洋警察高速短艇に体当たりして沈没させた事件と関連し、韓国政府は激しく抵抗する違法操業漁船には必要に応じて艦砲射撃を行うことにした。

中国側の領海に向けて逃亡する漁船は公海上まで追跡して検挙するという対策も示した。

支援火器(Crew served Weapon)の使用方針は海洋警備法に基づくもので、政府が中国漁船の違法操業の取り締まりにこれを使用する方針を明らかにしたのは、今回が初めてだ。

 政府は11日、政府ソウル庁舎で中国の密漁漁船の取り締まり強化関連の関係機関対策会議を開き、このような内容の取締り強化対策をまとめたと発表した。最も目を引くのは、暴力を使用して海洋警察の公務執行を妨害する中国漁船には、必要に応じて支援火器を使用し、母艦で体当たりするなど強制力を積極的に行使するということだ。

海洋警察の警備艇を攻撃する中国漁船に、20ミリバルカン砲と40ミリ砲などの艦砲で船体を直接攻撃したり、警備艦艇で漁船に体当たりするなど強力に対応することにしたのだ。

 現行の海洋警備法は、船舶や犯人が船体や武器・凶器など危険な物を使用して、海洋警察を攻撃した際には、支援火器を使用できるように規定しているが、これまでは積極的に使われなかった。今回の高速短艇沈没事件当時も、海洋警察は個人火器のK-1小銃とK-5ピストルなどで威嚇射撃を行った。

 政府はまた、中国漁船が領海から逃走を図るなど、韓国水域での検挙が難しい場合は、公海上まで追跡して検挙する作戦に切り替えることにした。海洋警察は追跡している間、中国海洋警察などに通報して、漁船が中国領海に進入すれば、中国海洋警察に検挙を要請する方針だ。

 今回の事件の容疑船舶が中国で検挙されれば、犯罪人引渡しと関連して中国側と協議し、中国側が引き渡しに応じない場合は、裁判に必要な証拠を十分に提供する計画だ。

海洋警察は容疑船舶を国内で検挙した場合は、取締要員が乗船した高速短艇を中国漁船2隻が体当たりで沈没させた行為に殺人未遂の容疑も適用できると明らかにした。また、短艇の沈没当時の映像を公開しない理由については、容疑船舶が逃走・隠匿、船体の変更などを通じて、検挙に影響を与える恐れがあるとして、検挙後には公開できると明らかにした。

韓国政府「必要に応じて中国漁船に艦砲など支援火器を使用」
ハンギョレ新聞 12日(水)17時11分

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

中国海上防衛の真実=漁民は海上民兵

巡視船上回る大型漁船を次々建造―スペイン紙

Record China 配信日時:2016年9月26日(月) 22時
 
 
2016年9月25日、参考消息網によると、中国で漁民が南シナ海防衛の重大な力になっている。中国政府は大々的な支援を展開している。 

18日付スペイン紙エル・ムンドは「中国を守る“不屈の海軍”」を掲載した。中国南部の海南省瓊海市潭門鎮は8000人の漁民と300隻余りの漁船を擁しているが、今や中国の海洋拡張戦略の最前線に立つ存在だ。西沙諸島をめぐって中国と南ベトナムが衝突した1974年の西沙海戦でも重要な役割を果たした。85年には海上民兵中隊が設立された。 

中国政府も漁民たちの役割を重視している。大型漁船の建造をサポートしているほか、南シナ海への出漁には燃料補助金も提供されている。侵略の先兵と批判されることもあるが、中国では漁民たちの行動は攻撃ではなく、あくまで“自衛行為”であると強調されている。 

中国政府の支援は強化される一方だ。近年建設された海南省三亜市の新漁港には2000隻もの漁船が並んでいるが、東南アジア諸国の巡視艇を上回る3000トン級の大型船すら少なくない。(翻訳・編集/増田聡太郎)
 
Record China  配信日時:2016年9月26日(月) 22時
 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

違法漁船への艦砲使用 中国の反発に「正当な対応」=韓国

聯合ニュース 12日(水)20時57分

 

よかったら覗いてみてください
f:id:okentac:20160430145252p:plain
 


終りまでお読みいただき、ありがとうございました
(以下をいいねと、お願いします。いつも感謝しています)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

WordPressの運用に特化したレンタルサーバー
   【wpXレンタルサーバー
ショップ名: エックスサーバー株式会社

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇