ネットビジネス情報は海原の波

毎日、沢山の情報が生まれ消えています。どんな情報がいいのか?

中国軍が無断越境、インドとの国境地域

中国軍が無断越境、インドとの国境地域

 
 
 
中国とインドの国境地域で中国軍の侵入があっ
たようです。アッサムの北に位置するアルナチ
ャルプラデシュ州に侵入し数日間駐留し、協議
の結果、退去しました。中国側は自国の領土と
主張したということから、緊張を作る計画かも
しれません。

「実効支配線をきちんと守っている」といつも
のように違反はしていない発言もあったようで
す。人の集団であり、「違反するのが目的」と
は絶対に言えないので、話し合いを始めようと
いう解釈になるのかもしれません。でも、十分
威圧されますね。

「アルナチャルプラデシュ州」と言われてもほ
とんど耳にすることのない名前ですね。北はチ
ベット、西はブータンになります。東はミャン
マーです。ヒマラヤ山脈の続きに沿って、細長
い州になっています。最近まで外国人の入域は
認められていませんでした。多民族の地域と思
われますが、チベット族が多いようです。

以下の報道記事からですが、日米印の軍事的な
連携をけん制したようだ、ということです。超
音速の巡航ミサイルの「ブラモス」配備も気に
入らないようです。
 
このブログ内ですが、ブラモスについての掲載
ページがあります。よかったら覗いてみてくだ
さい。
 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

中国軍、勝手にインド北東部に侵入し数日間駐留 中印間で緊張高まる

産経新聞 9月27日(火)18時49分配信 

 【ニューデリー=岩田智雄】インドと中国が領有権を争いインドが実効支配する印北東部アルナチャルプラデシュ州に、中国人民解放軍が今月上旬、インドが主張する実効支配線を超えて45キロ侵入し、4日前後にわたり駐留していたことが分かった。

インドの国境警察当局者が27日、産経新聞に明らかにした。中国兵がインド側にこれほど深く、長期間駐留するのは異例で両国の緊張が高まりそうだ。

 国境警察などが今月9日、現地で中国兵を発見した。地元メディアによれば、40人以上が一時駐留の施設を設置しており、インド側が求めた退去要求を無視し、自国の領土だと主張して駐留を続けた。数日後の協議の後、ようやく立ち去ったという。

 両国の実効支配線についての認識は必ずしも一致しておらず、中国外務省は「中国部隊は巡回活動中、実効支配線をきちんと守っている」と越境行為を否定した。ただ、現地はインド側が実効支配し、駐屯施設を設置している。

 アルナチャルプラデシュ州では今年6月にも、中国軍が約3時間滞在したことが発覚したばかり。当時インドは日本近海で、日米と海上共同訓練「マラバール」に参加しており、中国が日米印の連携を牽制した動きとみられていた。

 インドは先月にも、同州に超音速巡航ミサイル「ブラモス」(射程約290キロ)を初配備することを決め、中国軍機関誌が「深刻な脅威になる」と批判していた。

中国軍、勝手にインド北東部に侵入し数日間駐留 中印間で緊張高まる

産経新聞 27日(火)18時49分

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

<韓国EEZ>中国漁船出火で3人死亡 閃光弾が原因か

毎日新聞 9月30日(金)19時45分


 
 
よかったら覗いてみてください
インフォトップ11月27日・天使の復縁.PNG

終りまでお読みいただき、ありがとうございました
(以下をいいねと、お願いします。いつも感謝しています)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

美脚・現役モデルが競うコンテスト エステ体験

 ショップ名: エルセーヌ

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇