読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネットビジネス情報は海原の波

毎日、沢山の情報が生まれ消えています。どんな情報がいいのか?

「牙をむいた巨竜」に仲裁裁判をプレゼントは

「牙をむいた巨竜」に仲裁裁判をプレゼントは

 
 
 
習近平国家主席が改革して掌握した人民解放軍
なのですが、実はあまり公開されていません。
良く分からないことが多いのです。いつ決断を
するかとの設定は適さないかもしれません。つ
まり、いつの間にか、日常化しているという手
法も好きなのです。海の上なので、色々な嫌が
らせで始まるかもしれません。

ということで「オレがアジアのルールを決める」
というほど格好いいものでもなければ、意味が
あるものでもないでしょう。インドネシアでは
インドネシアの海を侵略した漁船を拿捕してい
るので、「アジアのルール」とか輝かしい表現
は必要ないルールでしょう。

日本の領海で漁をしている日本漁船を中国側が
拿捕して罰金を取るといった形から始まるでし
ょう。次に漁船以外でも何かの料金を払わせる
ことを考えるでしょう。通行料のようなもので
すね。これが公的な船以外でもやりそうなのが
中国なんですね。アジアのルールを作るかもし
れないですね。

基本的に日本はどうすることもできないので、
牙を見て縮みあがって仲裁裁判所に駆け込むと
いう方法もあるのではないでしょうか。何がい
いかというと、中国が裁判に不快感を持ち、忌
み嫌うというのがいいですね。

判決は永久的なスタンプのような効果があるよ
うな気がします。ミサイルや防衛設備をする前
がよさそうですね。貪欲と強欲でただ問題を作
っているだけだったら、裁判所は見抜いてしま
うでしょうね。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

牙をむいた巨竜 中国に日本はどう向き合うべきか

朝日新聞デジタル 9月7日(水)15時27分配信
人民解放軍はいつ決断するか

 それでは、人民解放軍はいつ尖閣奪取の決断を下すのか。

 私は、アメリカ軍が尖閣諸島を巡る日中戦争に加担しないと中国が確信を持つことが、その必要条件であると見ている(十分条件ではない)。

 ともあれ、「第一列島線」をめぐる米中の角逐の渦中に、日本もいよいよ巻き込まれる時代が到来したということだ。安倍晋三政権は、この3月に安全保障関連法を施行するなど、そのための布石は打ってきたが、8月上旬の中国漁船の襲来の時などは「戸惑い」を隠せなかったという。

 ところで、日本以上に、旗幟(きし)を鮮明にすることをアメリカから求められているのが、隣の韓国だ。7月8日、アメリカは韓国に圧力をかけて、ついにTHAAD(終末高高度防衛ミサイル)の韓国配備を発表させた。これによって、3年以上にわたって続いてきた中韓蜜月時代は瓦解(がかい)した。9月の杭州G20での中韓首脳会談も、「韓国側からせっつかれているが、当の習近平が首を縦に振らないのでどうしようもない状態」(中国の外交関係者)だという。

 日本ではあまり話題にならなかったが、実は習近平主席は6月17日、セルビアを訪問し、ベオグラードの中国大使館前で誓いを立てている。

 「2度とアメリカの好き勝手にはさせない!」

 1999年5月7日、コソボ紛争でアメリカ軍に空爆された中国大使館は、29人もの死傷者を出した。セルビアを離れた習近平主席は、それから一週間のうちに、ウズベキスタンと北京で2度も「盟友」プーチン大統領と会談し、アメリカに対する「共闘」を確認しあったのだった。

 中国がいくら世界第二の軍事大国にのし上がったとはいえ、世界最大の軍事大国アメリカに対抗するのはハイリスクだと思うかもしれない。

 だが第一に、自国及び世界に武力展開しているアメリカ軍に対して、中国軍は中国近海に結集している。第二に、中国近海の防衛は中国にとって核心的利益(国家の最優先事項)だが、アメリカにとってそうではない。第三に、年間5000億ドル超の米中貿易を始め、アメリカ経済の少なからぬ部分を中国経済が支えている。

 これらの理由で、アメリカは中国と一戦を交える気はないと、習近平政権は判断している。だから多少、横暴な振る舞いをしても、痛い目には遭わないというわけだ。加えて、昨今の中東やヨーロッパの混乱も、アメリカが「アジアのことは中国に任せる」と言いやすい追い風と見ている。

 来年は5年に一度の中国共産党大会の年、すなわち中国が最も対外的に強硬に出る年である。前回2012年は、フィリピンからの黄岩島奪取と、日本の尖閣国有化への抗議で、騒然となった一年だった。

 またこのところの中国経済の悪化も、対外的に強硬になる要因となる。中国経済は、昨年は「V字型」(急回復)と言われたのが、今年前半は「L字型」(悪化しっぱなし)に変わり、いまや「h字型」(ドン底に落ちる)と言われている。

 
日本はどうすべきか
 

 このように、牙をむいた「巨竜」に対して、日本はどう対処すべきなのか。

 まず第一に、中国人民解放軍がいつでも尖閣諸島を奪取する段階に入ったと受けとめ、相応の覚悟と準備をすることである。今夏、明らかに「段階は一段上がった」のである。

 第二に、習近平政権に対する研究を強化することである。

 同じ富士山に登山するのでも、静岡県側から登るのと、山梨県側から登るのとでは、風景が違う。同様に、島国の日本から尖閣諸島問題を考えるのと、中国大陸から「釣魚島」(尖閣諸島)問題を考えるのでは、まるで風景が異なるのである。

 これは、領土問題で中国側に立てということでは、まったくない。「中南海の視点」で尖閣問題を見ていく習性を身につけないと、8月上旬の「漁船襲来」の時のように、日本人に理解不能の事態が、今後とも起こってしまうのである。

 そのためにも、私は中国への「関与」が必要と考える。それは例えば、プーチン大統領に対するメルケル首相のような態度である。メルケル首相は流暢なロシア語を操り(プーチン大統領も流暢なドイツ語を話す)、ロシアと対立しながらも、プーチン大統領と太いパイプを築いている。昨年5月にプーチン大統領が主催した対独戦争勝利70周年軍事パレードへの出席は、言下に断りつつも、パレードの翌日に訪ロし、首脳会談を行っている。

 こうした独ロ関係に較べて、日中関係には、首脳同士のパイプも信頼関係もない。ただ互いに嫌悪し合っているだけに映る。日本について言えば、過去の先達に比べて中国研究が劣化していることが、日本の国益の損失を招いているように思えてならないのである。
 (文 近藤 大介・講談社週刊現代』特別編集委員 / WEBRONZA)

◇近藤大介(こんどう・だいすけ) 講談社週刊現代』特別編集委員
 1965年生まれ。東京大学教育学部卒業後、講談社に入社。95年から96年まで北京大学留学。2009年から12年まで講談社(北京)文化有限公司副社長。11年以降、中国最大の経済紙「経済観察報」と、中国最大のニュース週刊誌「看天下」にそれぞれ連載コラムを持つ。著書に『「中国模式」の衝撃 チャイニーズ・スタンダードを読み解く』(平凡社新書)、『対中戦略無益な戦争を回避するために』(講談社)、新著に『パックス・チャイナ 中華帝国の野望』(講談社現代新書)。

朝日新聞社

牙をむいた巨竜 中国に日本はどう向き合うべきか

朝日新聞デジタル 7日(水)15時27分

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

米のアジア重視、継続が課題=オバマ大統領、最後の歴訪終える

時事通信 8日(木)18時31分

 

過剰生産解消へ決意=「構造改革が重要」―中国主席

時事通信 5日(月)23時0分


南シナ海の主権「断固守る」=迎撃システム配備に反対―習中国主席

時事通信 4日(日)1時11分


 
よかったら覗いてみてください
f:id:okentac:20160527101728p:plain

終りまでお読みいただき、ありがとうございました
(以下をいいねと、お願いします。いつも感謝しています)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

メンズエステの体験【エルセーヌMEN】
  ショップ名: エルセーヌ

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇