ネットビジネス情報は海原の波

毎日、沢山の情報が生まれ消えています。どんな情報がいいのか?

反中国感情の根が深まっているようベトナム

反中国感情の根が深まっているようベトナム
 
 
ベトナムの庶民レベルでも反中国感情が広がっ
ている模様です。個人経営のレストランでしょ
うか、些細なミスを理由に食事代全額を踏み倒
されたということです。ここまでするかな、と
いう感じですね。でも中国人はやるんです。横
暴さは中国人の生き甲斐かもしれません。とい
うのは、これですよ、これ「華夷秩序」。

一生懸命自分らのために働いてくれても、この
華夷秩序」が出てくると、何にも見えなくな
るのでしょう。ベトナムと言うと南蛮の野蛮人
という意識がどこかにあるのかもしれません。
横暴さが本能的に出てしまうようです。

その南蛮人の主人も堪忍袋の緒が切れたという
ことです。中国人に売るものはないそうです。
これを「華夷秩序」側が聞いたとしたら、一段
と満足して中国の歴史は正しいと納得するので
しょうか。もう勝てませんね。

2番目の記事もベトナムです。7月22日配信です。
仲裁裁判所の判決があっても変わらない中国の
態度に、ベトナムでは大規模でないながらデモ
があったようです。それと、人気の中国ドラマ
が放送を中止ししたと言うことです。放送の方
ベトナム政府の意向でしょう。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

ベトナムの食堂に「中国人客の入店おことわり」張り紙 南シナ海問題で高まる反中国感情

産経新聞 8月2日(火)14時34分配信 

 

 米政府系放送ラジオ自由アジアによると、ベトナム中部ダナンの食堂で、このほど中国人客の入店を拒絶する張り紙が張り出された。南シナ海の領有権問題を争うベトナムでは、ハーグでの仲裁裁判の裁定を受けて反中国感情が高まっていた。

 張り紙は、中越両国語で「中国人に売る物はありません」と明記。張り紙は地元メディアで報じられて注目を集めたが、地元当局が観光客誘致に影響するとの理由で、店主に撤去するよう命じた。

 それでも、店主は中国人客の受け入れを拒むと主張しているという。その理由として、この店で飲食した中国人客の団体が、些細な注文の取り違えを理由に飲食代全額を踏み倒すなど、店主は繰り返される横暴な振る舞いに堪忍袋の緒が切れたと訴えている。(シンガポール支局)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

南シナ海問題、ベトナムで反中デモ ドラマ打ち切りも

 

朝日新聞デジタル 7月22日(金)0時58分配信

 

 南シナ海の領有権問題をめぐり、ベトナムで反中国のムードが広がっている。オランダ・ハーグの常設仲裁裁判所が中国の権利を否定する判決を出したのに、中国が応じようとしないからだ。

反中デモが起き、中国のドラマの放送が一部で打ち切られた。

 「中国は判決に従え」「南シナ海から出て行け」。南部ホーチミンで17日、複数のグループが中国に抗議する看板を掲げ、バイクで市内を走行した。

首都ハノイでも数十人が集まったが、治安当局に制圧された。中国が12日の判決を受け入れない姿勢を示していることに反発し、インターネットでデモが呼びかけられていた。

 南沙(スプラトリー)諸島を望む南部ビントゥアン省では、中国の人気ドラマの放映を17日から打ち切った。地元メディアは、主演俳優がインターネットで仲裁判決を批判し、中国が南シナ海のほぼ全てに権利が及ぶと主張する境界「9段線」を正当化する投稿をしたためだとしている。

南シナ海問題、ベトナムで反中デモ ドラマ打ち切りも

朝日新聞デジタル 0時58分

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

焦点:南シナ海裁定に「無力化」の恐れ、腰砕けの米外交戦略

ロイター 7月28日(木)18時53分


 

よかったら覗いてみてください
f:id:okentac:20160430145252p:plain

終りまでお読みいただき、ありがとうございました
(以下をいいねと、お願いします。いつも感謝しています)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

★お店のホームページを簡単に更新「グーペ」
  

 ショップ名: GMOペパポ株式会社

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇