ネットビジネス情報は海原の波

毎日、沢山の情報が生まれ消えています。どんな情報がいいのか?

アメリカには中国を見抜いたネット民がいるみたい

アメリカには中国を見抜いたネット民がいるみたい 

 
 
仲裁裁判所の裁定がもうすぐあると言われて
います。そこでフィリピンの次期大統領の
ドゥテルテ氏の発言がある記事を掲載しま
す。だだし、5月17日配信のものです。

この記事から1カ月以上たっているのでドゥ
テルテ氏の見解も変化しているでしょう。
掲載の目的は、アメリカのネットユーザー
のコメントです。その一つに、
「・・・植民地にして、自分たちがそれら
の国の支配者となりたいと考えている」
というのがあります。

前のページの香港の例だけでなく、色んな
場所で色んな時に封建時代のような表現が
見られ、実際、まったくの個人を何カ月も
拘束して恐怖の圧力をかけるなど、封建時
代が実行もされていると言えそうです。

それで、勝手な想像なのですが、香港でも
いいのですが、より安全のために西側の国
に移住して、拘束した国の大使館を相手に
損害賠償の訴訟をしたらどうなるのかな、
という想像をするのです。

家族や親せきが中国にいると悲惨な目にあ
うかもしれませんね。支配者になりたいと
ころはやはり恐ろしいところがありますね。
封建時代が国のあっちこっちにミサイルを
配備していると思ったら、ちょっと恐ろしい
ですね。

2番目に記事ですが、中国人も苦労している
ようです。封建制の感覚の下の農民たちで
しょう。容疑を捏造されているようです。

外交部だって捏造しているのだから、捏造は
当たり前とは言っていませんが、というか
表に出ていませんが、支配する方はどこま
でも支配したいでしょうね。きっといいことあ
るのでしょう。きっと儲かるのでしょう。出世
できるのかもしれません。いや、出世するの
にお金が必要なのかもしれません。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 

フィリピン次期大統領が記者会見、「中国と友好関係築きたい」

=米国ネット「中国はどこの国とも友好関係を求めていない」

Record China 2016年5月17日(火) 15時10分
 
 
 
2016年5月16日、ロイター通信によると、フィリピンのドゥテルテ次期大統領は15日の記者会見で、中国と友好関係を築きたいと述べた。

アキノ大統領は、中国との間に抱える南シナ海の領有権問題について仲裁裁判所に仲裁手続きを求めており、フィリピンと中国の関係は悪化してきた。ドゥテルテ氏は15日の記者会見で、
「交渉の船が静かな海の中にあって、圧力的な航海をさせる風が起きないのであれば、私は中国と2国間で協議することを決めるだろう」と述べ、
中国と友好関係を築きたいとの考えを示した。

この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。

「ドゥテルテ氏は中国共産党に対してオープンになりすぎないように注意すべきだ」
「フィリピンに行っていた私の孫はフィリピンの人々が実際には中国人だと言っていた。彼らは中国とともに米国を相手に戦うだろう」 

「フィリピンは敵ではなく友人が必要なのだから、次期大統領の発言は正しい」 
「米国にとってショッキングなことになるだろう。同盟国の1つが中国に取り込まれてしまった」

「徐々に共産主義であることを表明しはじめているのか?」 
「彼を見ていると、トランプ氏でさえも天才に見えてくる」 

「米国は南シナ海における競争で負けつつある。そして東アジアにおけるすべてを失うことになるだろう」 

「中国はどこの国とも友好関係を求めていない。彼らはすべての国を植民地にして、自分たちがそれらの国の支配者となりたいと考えている」
 
Record China 2016年5月17日(火) 15時10分

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 

<中国>村長拘束に抗議激化 異例の「直接選挙の村」

毎日新聞 6月22日(水)7時0分配信

 

 【烏坎村(中国広東省)林哲平】中国で異例の住民による直接選挙を勝ち取った広東省烏坎(うかん)村で土地問題の解決を地方政府に直訴しようとした村長が拘束された問題で21日、
村民数千人が解放を求めて抗議デモ行進を行った。抗議の拡大を懸念する当局は村に通じる道を封鎖して外国メディアの立ち入りを規制するなど警備を強化し、緊張が高まっている。村に記者が入った。

 「林(祖恋)主任(村長)を返せ」。午後5時ごろ、村の一角から行進を始めた数千人の村人はシュプレヒコールを上げながら村を1周した。手には大小の中国国旗「五星紅旗」。「共産党万歳」とのかけ声も上がる。
「理性的なデモという証拠だ」と参加した男性は話した。空には警察のドローンが飛び、公安関係者と思われる男がデモ隊を撮影。だが制止する場面はなく、村内では一定程度の行動を許容しているようだ。

 烏坎村では2011年に当時の村幹部が勝手に土地使用権を売るなどの腐敗に対し、住民が強く反発。翌年に住民の直接投票による村自治組織「村民委員会」幹部の選挙が行われ、共産党一党独裁が続く中国での民主化の試金石として世界から注目された。
だがその後も土地問題が進まないことから19日に村民集会を計画したが、その前夜に林村長が収賄容疑で拘束された。

 地元検察は21日、林村長が「村の事業に絡んでわいろを受け取った」と容疑を認める動画を公開した。だが大多数の住民はこの供述を信用していない。この動画を村の中学校で授業中に閲覧させたことなどから、村民の不信感はむしろ高まっている。

 50代の男性は「拘束は直訴を市政府が恐れていたから。村長は無理にしゃべらされていた」と話す。林村長の妻はここ数年村長としての給料を受け取っていないと説明し、「彼は潔白だ。ぬれぎぬを着せられた」と訴えた。

村長宅では玄関前に監視カメラを設置し、警察関係者の接近に注意を払っている。住民側も、村外に出られない海外メディアの記者に宿泊場所として自宅を提供するなど「徹底抗戦」の構えだ。★

<中国>村長拘束に抗議激化 異例の「直接選挙の村」

毎日新聞 22日(水)7時0分

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

中国、南沙諸島へクルーズ船の定期便を計画 国営紙

AFP=時事 22日(水)20時13分


共産党幹部を追放した中国の村 村長拘束に抗議のデモ

朝日新聞デジタル 19日(日)20時14分


 
よかったら覗いてみてください
インフォトップ11月27日・天使の復縁.PNG

終りまでお読みいただき、ありがとうございました
(以下をいいねと、お願いします。いつも感謝しています)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

★「造美顔コース」エステ体験

  ショップ名: エルセーヌ

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇