読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネットビジネス情報は海原の波

毎日、沢山の情報が生まれ消えています。どんな情報がいいのか?

切り崩しでも捏造気味の表現は忘れない

切り崩しでも捏造気味の表現は忘れない
 
 
 

アジア安全保障会議が終わり、中国は切り崩し作
戦に入った模様です。さすが中国外交部ですね。
捏造気味の、「ドアを閉ざし、…」だそうです。
これで一対一の賄賂型会談をして、一丁上りと切
り崩す作戦でしょう。お上手ですね。

 

「双方が…紛争を解決する・・」ともあります。
会談をしないと紛争を大きくするよとも読めます。
お上手ですね。

スカボロー礁ではフィリピン漁民の締め付けが緩
くなっているようですが、さじ加減もやっている
ようです。これもお上手ですね。

アジア安保会議では切り崩しがあまり進まなかっ

たのでしょうか。それとも、会議から帰国した軍

人たちに外交部が作った原稿が悪いといわれたの

でしょうか。少しばかり焦っている感じもします。

残るチャンスは賄賂型会談だけとなっているかも

しれません。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 

緊迫・南シナ海 常設仲裁裁判所への比の提訴「断固反対、取り消しを」

 中国外務省が声明 裁判所の判断控え前哨戦

産経新聞 6月8日(水)13時47分配信

 【北京=西見由章】中国外務省は8日、南シナ海の領有権をめぐってフィリピンが提訴した常設仲裁裁判所(オランダ・ハーグ)の仲裁手続きについて「双方が協議を通じて紛争を解決する立場」を強調し、手続きの停止を求める声明を発表した。

裁判所が近く判断を示すのを前に、対中強硬路線の転換を示しているフィリピンのドゥテルテ次期大統領との対話を模索する動きとみられる。

 声明は2013年1月のフィリピンによる提訴について「南シナ海の紛争を解決するための対話のドアを閉ざし、情勢の急激な悪化を招いた」と非難。

「フィリピンの一方的な行動に断固として反対する」と主張し、裁判所の判断に従わない姿勢を改めて示した。

 7日まで北京で開かれた「米中戦略・経済対話」や習近平国家主席とケリー米国務長官らとの会談で中国側は、南シナ海の問題をめぐって一切譲歩しない立場を示している。

一方で、裁判所が中国に不利な判断を示すことが予想されることから、中国側は国際世論における孤立を懸念。6月30日に大統領に就任するドゥテルテ氏に向け、硬軟織り交ぜて提訴の取り下げを迫っていくとみられる。

 消息筋によると、中国が実効支配を進めるフィリピンの排他的経済水域EEZ)内にあるスカボロー礁ではここ1カ月ほど、中国側がフィリピン漁民への“規制”を緩める動きがあるという。

緊迫・南シナ海 常設仲裁裁判所への比の提訴「断固反対、取り消しを」 中国外務省が声明 裁判所の判断控え前哨戦

産経新聞 13時47分

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 
よかったら覗いてみてください
button.png

終りまでお読みいただき、ありがとうございました
(以下をいいねと、お願いします。いつも感謝しています

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 ★逆指名の転職 看護師募集
 ショップ名: ナースコンシェルジュ

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇