ネットビジネス情報は海原の波

毎日、沢山の情報が生まれ消えています。どんな情報がいいのか?

伊勢志摩G7の影響かも、アメリカから火の手

伊勢志摩G7の影響かも、アメリカから火の手
 
 
 
今回のG7伊勢志摩サミット(主要国首脳会議)を
どう見るか、どこに影響するか、などが分かる報
道記事がありました。中国の名前は出なかったの
 
ですが、この記事は中国外交は失敗とのことです。

今のところ中国でこれを言うメディアは見当たり
ません。ところが、中国が言葉で日本をたたいて
いるうちにアメリカから火の手が上がったようで
す。

鉄鋼製品について何やら疑問があるようです。中
国の鉄鋼大手40社を調査するということになった
みたいです。黒海周辺の出来事を思い出すと、経
済制裁のことがあります。素早くロシアへの経済
制裁が決定されました。

伊勢志摩ではオバマ大統領は静かだったようなの
で、経済制裁まで想像してはいけないような気も
します。そこで中国側を想像しますと、あちこち
高速鉄道の話をしました。多分、鉄道の計画を
作るのが面倒になり、山になっている鉄鋼の在庫
を直接さばく方に変わったのではないでしょうか。

中国のことですから、何も言わないでも仕事をし
て製品を生産することでしょう。外交の相手国な
ど考えずに売りそうですね。

現場で在庫はどうなるの?と聞かれたら、あれで
すよ、これ、小日本万能薬でしょう。「日本の製
鉄所を困らすのに使う」とかナントで、現場を納
得させ、販売業者には「外貨を集めればいいのだ、
値段はどうでもいい」言って、ドルとかユーロと
かを集めさせたような感じがします。

いつものことですが、信用しないでください。
このブログ内のURLを抜く人は天才的達人です。
何年もやっているみたい。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

中国外交大失敗 G7から「最後通告」 米が鉄鋼40社の調査開始

夕刊フジ 5月28日(土)16時56分配信 

 伊勢志摩サミット(主要国首脳会議)の首脳宣言で、経済面でも安全保障面でも矢面に立たされた中国。

味方と思っていた英国やドイツにも裏切られ、G7(先進7カ国)からの「最後通告」を突き付けられた習近平政権は、焦りの色を隠せない。

 安倍晋三首相がサミットの経済討議で「リーマン・ショック級の危機」と強調したのは、中国の経済失速を念頭に置いたものだった。

 英国から「悲観的すぎる」と異論が出たこともあり、首脳宣言では「下方リスクが高まってきている」とやや弱まった一方、「工業部門、特に鉄鋼における世界的な過剰生産能力は、世界的な影響を伴う差し迫った構造的課題」と中国に対する強い表現でまとまった。

 サミットと歩調を合わせて、米国際貿易委員会(ITC)は、中国の鉄鋼大手40社を対象に輸入と米国内の販売差し止めを求めた米企業の訴えを受け、関税法337条に基づく調査開始を決めたと発表した。

 首脳宣言ではまた、中国の一方的な海洋進出を念頭に「東シナ海南シナ海の状況を懸念」と明記した。

 習政権は英国やドイツに巨額投資を約束し、アジアインフラ投資銀行(AIIB)にも参加させるなど、G7を切り崩したはずだったが、英国やドイツも味方してくれなかった。

 中国外務省の華春瑩副報道局長は27日の記者会見で、「日本とG7のやり方に強烈な不満を表明する」と批判。

議長国を務めた日本に対し「サミットを主催し、南シナ海問題をあおり立て、緊張を高めた」と反発し、南シナ海での軍事施設建設などは「完全に主権の範囲内だ」と身勝手な言い分を繰り返すほかなかった。

 中国は9月に杭州市で開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議の方がG7より重要な会議だと主張する。

王毅外相は「G20は先進国と途上国が対等な立場で同じテーブルを囲み、平等に協議して決める場であり、時代の発展の潮流に合致している」と強調するが、内実は伴うのか。

中国外交大失敗 G7から「最後通告」 米が鉄鋼40社の調査開始

夕刊フジ 28日(土)16時56分   

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
 
よかったら覗いてみてください
f:id:okentac:20160430145252p:plain
終りまでお読みいただき、ありがとうございました
(以下をいいねと、お願いします。いつも感謝しています)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

★お店のホームページを簡単に更新「グーペ」
 

ショップ名: GMOペパポ株式会社

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇