ネットビジネス情報は海原の波

毎日、沢山の情報が生まれ消えています。どんな情報がいいのか?

はっきりしないお話し2件、中国

はっきりしないお話し2件、中国
 
 
 
はっきりしない記事を2つ掲載します。
1つはアメリカにある中国語新聞の記事からのもの
です。インターネットで制限を受けていた表示が
解除されたものがあるということです。本当なん
でしょうか。
 
 
天安門事件」や「パナマ文書」関する語なども
解除されているようです。もちろんですが、中国
内でインターネット内の制限を緩和すことを発表
したところはありません。これについて中国ネッ
トユーザーが憶測しています。
 
中国ネット民も信じられない、何だかわからない、
ということです。
 
 
もう一つは天下の人民日報の記事からのものです
が、中国経済の急速な回復はない、ということで
す。
 
何だかはっきりしないので、中国の庶民は色々と
憶測するでしょう。
政府の誰が言ったのだろう、
国家主席とかその最側近の言葉かな、
政府内で勢力争いがあるのかな、
権力闘争が始まるのかな、
政府は今お金がないのかな、
失業者が増えるのかな、
株は上がるのか、下がるのだろうか、
などなどでしょう。
 
どの国の政府も経済政策は苦労しています。恥ず
かしがることもないのですが、大国は面子が重要
かもしれません。経済政策に中国政府の好きな万
能薬はないように思えます。
 
それどころか、中国の規模を考えると、どんなも
めごとが発生するかと心配のような、諦めのよう
な、まあ、よそごとといった気分ですね。
 
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
 

中国検索大手の百度天安門事件の「六四」など“敏感な単語”

表示制限を突然解除―米メディア

   
Record china  配信日時:2016年5月7日(土) 12時50分
 
 
2016年5月6日、米華字ニュースサイト多維新聞によると、中国のネット検索最大手の百度バイドゥ)は5日正午、1989年の学生運動弾圧「天安門事件」が起きた6月4日を想起させる「六四」などの「敏感な単語」について、インターネットでの表示制限を突然解除した。 

表示制限が解除されたのはこのほか、中米パナマの法律事務所から流出した内部文書「パナマ文書」、ノーベル平和賞を受賞した人権活動家「劉暁波」(リウ・シャオポー)氏、天安門事件人民解放軍の戦車の前に丸腰で立ちはだかった青年を指す「王維林(ワン・ウェイリン)」など。 

これに対し、中国のネット上では憶測が交錯。
「今月初め、百度に表示された怪しい医療広告をもとにがん治療を受けて亡くなった学生・魏則西さんの事件に関連がある」
との指摘のほか、「百度内部の人間が勝手にやったのではないか」
百度も検閲制度に不満を持っているのか」
などの意見が飛び交っている。
 
2016年5月7日(土) 12時50分
 
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
 

「景気回復、見込めず」=人民日報記事が波紋―中国

時事通信 5月11日(水)15時27分配信

 【北京時事】中国共産党機関紙・人民日報(9日付)に「権威筋」を名乗る人物が景気の急回復は見込めないと発言したインタビュー記事が大きく掲載され、波紋が広がっている。

 上海株式市場では、習近平指導部が匿名で弱気の景気見通しを示したと受け止められ、失望売りが膨らんだ。

 権威筋は景気について「U字やV字型の回復は不可能で、L字型になる」と指摘。これが「1、2年で終わることはない」と長期低迷を予想した。

 また、その場しのぎの景気てこ入れ策はバブル再発を招くだけだと警鐘を鳴らし、過剰生産設備削減などの経済構造改革が重要だと訴えた。

「景気回復、見込めず」=人民日報記事が波紋―中国

時事通信 11日(水)15時27分

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 

胡錦濤前主席の側近を起訴、収賄罪などで 中国

AFP=時事 13日(金)21時34分


パナマ文書の衝撃 トップ周辺に疑惑 中露の対応

経新聞 12日(木)7時55分


 
よかったら覗いてみて下さい


終りまでお読みいただき、ありがとうございました
(以下をいいねと、お願いします。いつも感謝しています)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

WordPressの運用に特化したレンタルサーバー
   【wpXレンタルサーバー
 
ショップ名: エックスサーバー株式会社

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇