ネットビジネス情報は海原の波

毎日、沢山の情報が生まれ消えています。どんな情報がいいのか?

遊牧をやめて町に住んだが チベット人

遊牧をやめて町に住んだが チベット人

 
 

下の報道記事ですが、チベット人の町を取材でき

たようです。遊牧民の定住の様子が分かるのです

が、少数民族漢人化の現実とも言えます。

 

現地の役人がチベット人に定住をすすめ、定住を

すると法律の適用もあり、公的な権利を得られ社

会的サービスも受けられると、一見悪くない話も

あるのかもしれません。

 

しかし、異なった環境で急に仕事ができ、収入を

得られるといったことはめったにないように思え

ます。定住が国の方針と言っても、日々の仕事ま

では用意できないので、元遊牧民は現実は苦しい

状況が発生するようです。酒でまぎらわせる人

もあり、遊牧生活を振り返るようです。

 
 

以下の記事によりますと、定住する住宅は一カ所

に集まってるようです。漢人の感覚ですね。布の

テントで暮らすのは原始時代のように見えるかも

しれません。屋根があって壁がある方が文明的と

見えるのでしょう。

 

戸籍もできて子供は学校に行けるようになるので

すが、学校の教育はもちろん中国語で、教育内容

漢人と同じでしょう。

 

でも大変難しいことを含んでいるようです。中国

外交部のがよく言う「主権」あるのかどうか、

教育の中で何がチベット人にとって「主権」なの

かという難しいこともあります。チベットに関す

ることはおそらく教材にないでしょう。

 

おそらく、チベット仏教の寺院に出入りするこ

とはできないのではないでしょうか。

 
 
 

記事に書かれているのは、以下の地図の左上

あたりの地域と思われます。

参照してください

 

チベット・地図・成都から.PNG

 
 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 

都市移住を強いられた元チベット遊牧民らの苦悩、中国

AFP=時事 5月11日(水)7時40分配信

【AFP=時事】まだ午前中だというのに、ロブサン(Lobsang)さんの革のカウボーイハットはくたびれ、黒いガウンは乱れ、吐く息からは酒の臭いがする。かつてチベット(Tibet)の高原を遊牧していた彼は今、薄いコンクリート造りの家の周りで足をふらつかせている。

 ロブサンさんと妻のタシ(Tashi)さんは数十年間、ヤクやヒツジを放牧してきた。何世紀も前から、ほとんど変わらない生活だった。

──3年前、中国政府の要請を渋々受け入れ、ヤクの毛のテントから再定住先の家へ移り住むまでは。

 現在夫妻は、中国四川(Sichuan)省南西部のアバ・チベット族チャン族自治州アバ(Aba)県から、曲がりくねった山道を車で1時間の場所にある再定住村に住んでいる。そこには青い屋根に灰色の壁の同じ家が、何列も立ち並んでいる。

「この町に移ってきて、何もかも変わった」と、タシさん。彼女も夫と同じ40代だが、正確な年齢は分からない。「まずお金がなくなった。そして夫は自分に見合う仕事を見つけられず、酒量がどんどん増えていった」

 中国当局は、チベット自治区を都市化していけば、工業化と経済発展が促され、遊牧をしていた人たちの生活水準が上がり、環境保護にも役立つとしている。

 移住に応じた人々には、中国語で「戸口(Hukou)」と呼ばれるいわゆる戸籍のうちでも、「城市戸口」(都市戸籍)が与えられる。

これは中国国内における厳しく管理された居住許可で、これによって社会福祉サービスを利用できるようになる。政府は完全に無料か、あるいは多額の助成金を出して家や医療保険を提供し、教育も無償化する。

 しかし、この政策はお仕着せの措置で、多くの元遊牧民が約束されたような豊かな生活は送っていないと、批判の声が上がっている。

 オランダにあるエラスムス大学ロッテルダム(Erasmus University Rotterdam)社会科学大学院大学ISS)のアンドリュー・フィッシャー(Andrew Fischer)准教授は、「社会が急に混乱した生まれた場合に陥りがちな、失業やアルコール依存症といったさまざまな問題が起きている」と指摘する。

 

■「戻りたいが手遅れ」

 再定住施設でAFPの取材に応じた多くの元遊牧民は、仕事も職業訓練も不十分だと不満を漏らした。

 ドルカー(Dolkar)さん(42)は2年前に、最後まで飼っていたヤク13頭を8万5000元(現在の為替レートで約140万円)で売却したが、今になってその決断を後悔している。まだ安定した職に就けていないのだ。

 ドルカーさんは「政府の職員が来て、移住しろと言われた」と当時を振り返る。

「この町の物価がこんなに高いとは知らなかった」

「戻りたい、だがもう手遅れだ」

 

 都市部ですぐ手に入るのは建設作業員や清掃員の職で、賃金は低い。かつてチベット自治区で貴重な家畜を所有して裕福な暮らしを送っていた元遊牧民らの中には、こういった仕事を敬遠する人も少なくない。

 

■分離独立派を抑制

 都市移住政策に批判的な人たちの間では、中国政府が1951年から統治しているチベットの居住者に対する監督を強化する目的もあるとの指摘もある。

 AFPが取材に訪れた再定住村は、中国侵攻前のチベット東部のカム(Kham)地方に当たる地域にある。ここでは地元の戦士たちが、時に米中央情報局(CIA)の支援を受けながら、1960年代後半まで中国共産党の軍事部隊と戦っていた。

 チベット自治区での都市移住政策は共産党支部を各地に作ることを目的として5年前に始まった。政府の統計によると、2000年以降、チベット自治区の都市居住者は約60%も増えた。

 中国共産党チベット自治区委員会のトップ、陳全国(Chen Quanguo)書記は、全ての再定住村は「チベット分離主義勢力の侵入を防ぎ、これと戦う」ための「とりで」にならなくてはならないと発言している。

 国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウオッチ(HRW)のソフィー・リチャードソン(Sophie Richardson)中国代表は、遊牧民を都市部へ移住させる政策によって、「より監視しやすく、生活していくために国の助成への依存度がより高まる場所、つまりさらにコントロールしやすくなる地域に人々を集めている」とみている。

 
■環境にも悪影響

 一方、環境専門家らは、この政策によって山間部の草原が保護されるどころか、雑草が増えて土壌の性質が変わってしまうと指摘する。

 水道が使えるといった利便性を得る代わりに、チベット遊牧民というアイデンティティーを喪失する。子どもたちの教育が、ほぼ全て中国語で行われていることに対する不満も多く聞かれる。

「子どもたちがチベットの歴史を知ることはないだろう、われわれチベットの伝統を理解できないだろう」と嘆くのは、6年前に再定住村に移ってきたドルジェ(Dorje)さん。彼は今、雑用のような仕事を散発的に請け負っている。

「孫たちは、私がかつて尊敬され富裕な男だったと知ることはないだろう。彼らは貧困しか知らずに育つのだ」

【翻訳編集】 AFPBB News

チベット人・ヤクの放牧1・.PNG

 

放牧をするチベット人 AFPニュースからです

都市移住を強いられた元チベット遊牧民らの苦悩、中国   

AFP=時事 11日(水)7時40分

 

AFPのページ

http://www.afpbb.com/articles/-/3084440?pid=17811234&page=2

 
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
 
よかったら覗いてみて下さい
f:id:okentac:20160430145252p:plain

終りまでお読みいただき、ありがとうございました
(以下をいいねと、お願いします。いつも感謝しています)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

★「造美顔コース」エステ体験


  ショップ名: エルセーヌ

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇