ネットビジネス情報は海原の波

毎日、沢山の情報が生まれ消えています。どんな情報がいいのか?

マイアミからハバナへ最初の客船が入港

マイアミからハバナへ最初の客船が入港
 
 
アメリカの大型クルーズ船がハバナへ入港しまし
た。50年ぶりに国交を回復したアメリカとキュー
バですが、一歩一歩国交を進めているようですね。
 
何かと問題を作るアジアの海と比べると、カリブ
海の明るさは息抜きになります。4月にはフィデ
ル・カストロ元首相が演説をしたということです。
 
一時はカストロもアメリカ攻撃を防ぐために旧ソ
連の武器を秘密裏に輸入しました。当時のケネデ
ィ大統領は海上封鎖をしてソ連船を阻止しました。
キューバ危機ですね。徐々に歴史的な話となるで
しょう。
 
弟のカストロ現議長はローマ法王に協力して平和
の方向へ向かっているようです。この船の入港目
的は「文化交流」ということです。
 
現在強力な武力をちらつかせている超大国が付き
合いの主流では陰謀策略の噂が多くて一般国民も
飽き飽きしてきたことでしょう。この文化交流は
国際的にもいいタイミングであり、象徴的のよう
に思えます。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
 
米クルーズ船、キューバの首都ハバナに入港 約40年ぶり

フジテレビ系(FNN) 5月3日(火)11時29分配信

およそ40年ぶりとなる、歴史的なクルーズとなった。
キューバの首都ハバナに、2日、入港したのは、アメリカの大型クルーズ船「アドニア」で、乗客およそ700人を乗せ、1日にフロリダ州マイアミを出港していた。
このクルーズは、アメリカとキューバが、およそ半世紀ぶりに国交を回復したことで実現したもの。
しかし、アメリカによるキューバへの経済制裁は、依然、続いていて、今回の渡航の名目は、認められていない「観光」ではなく、「文化交流」となった
動画ニュースです、以下から動画でどうぞ
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
 

米・キューバ国交回復 米クルーズ船がハバナに入港、半世紀ぶり

産経新聞 5月3日(火)1時46分配信

 米国とキューバの国交回復を受け、1日に米南部マイアミを出航した米国のクルーズ船が2日、キューバの首都ハバナに入港した。英BBC放送などによれば、両国間のクルーズ船往来は約半世紀ぶり。

 キューバ政府は長年、国民やキューバ系米国人の海路移動を認めていなかったが、先月下旬に方針を転換した。(ニューヨーク 黒沢潤)

米・キューバ国交回復 米クルーズ船がハバナに入港、半世紀ぶり

産経新聞 3日(火)1時46分

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

英外相、キューバ訪問=1959年の革命以来初

時事通信4月29日(金)8時22分

 

キューバのフィデル・カストロ前議長、9か月ぶり姿見せる

4月8日(金) 16時32分-国際総合(AFPBB News)
 
よかったら覗いてみて下さい


終りまでお読みいただき、ありがとうございました
(以下をいいねと、お願いします。いつも感謝しています)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


 
ショップ名: GMOペパポ株式会社

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇