読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネットビジネス情報は海原の波

毎日、沢山の情報が生まれ消えています。どんな情報がいいのか?

アメリカの中国政策が変わりそう2016年

アメリカの中国政策が変わりそう2016年

 

 

以下の記事は、アメリカのシンクタンクが日ごろの
研究から今後の中国政策を提唱しているのですが、
多数のシンクタンクが中国に対する見方を変えてい
るということです。

今年2016年は大統領選挙があり、こういった提唱
の中からどれかの中国政策を次期の政権が採用する
ことになるだろうということです。シンクタンク
とってはチャンスの年ということですね。

ヤフーニュース 雑誌 国際総合からの記事なので
すが、国際戦略の専門家 渡部 悦和氏が日本ビジ
ネスプレスに掲載したものです。アメリカのシンク
タンクとの付き合いから、揃って中国の見方を変え
ているということです。

軍備拡張や軍の動きを見ても大胆に、活発になっ
ているように思えます。中国の経済活動について
の情報が信頼できるのかどうか難しいようなので
すが、停滞気味であることがかなりはっきりして
きました。何かを分析するとしてもシンクタンク
泣かせの国ではないでしょうか。

記事は全部で7ページあります。そのうちの最初
のページを掲載します。

このブログは信用できないことが得意なのですが、
信用できる記事、論説が嫌いなわけではありませ
ん。ぜひ、リンクから飛んで全文をお読みくださ
い。
 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


中国への見方を大きく変えた米国、日本は再評価

JBpress 4月20日(水)6時5分配信

 

 2016年は米国の大統領選挙の年であり、年初からワシントンDCに所在する多くの安全保障関係のシンクタンクが、台頭する中国にいかに対処すべきかに関する論文を矢継ぎ早に発表している。

 例えば、CSIS*1
の“Asia-Pacific Rebalance 2025”、CSISSPF USA*2
共同の“The U.S.- Japan Alliance to 2030:”、ランド研究所の“The Power to Coerce”、元太平洋軍司令官デニス・C・ブレア大将のAssertive Engagement:AN UPDATED U.S.-JAPAN STRAREGY FOR CHINA(主張する関与:最新の米国及び日本の対中国戦略)などである。

 これら著名なシンクタンクの中から何人かは新大統領のスタッフとして新政権に参加することになるであろう。米国のシンクタンクにとって選挙の年は大いに活躍すべき年であり、各研究者にとっても個人としての将来がかかった重要な時期である。

■ 1 停滞期に入る中国

 各シンクタンクの報告書を読みながら思うことは、中長期的な世界の動向特に中国の将来を予測することがいかに難しいかということである。

2014年頃まで、中国の目覚ましい国力の上昇と米国の相対的な国力の低下が常識とされ、2030年頃には中国の国力が米国の国力を追い越すとまで予想されていた*3。 

しかし、2015年6月に始まった上海株式市場の暴落をはじめとして、最近明らかになってきた中国の経済的な不振は深刻なものであり、著名な投資家ジョージ・ソロス氏は、2016年1月のダボス会議において、

「中国経済のハードランディングは不可避だ。予測を口にしているのではない。今それを目撃しているのだ」と発言して中国政府の激しい反論を受けた。

 中国政府の反論にもかかわらず、中国は今ハードランディング中であるという意見や中国崩壊論を唱える専門家が特に日本では増えてきた。

 中国崩壊とまではいかなくても、「中国経済は2014年から一貫して悪化していて、その状況は日本のバブル崩壊に似ていて、2016年の中国経済は間違いなく深刻な試練の年となろう。

中国は長期停滞の10年、長い冬の時代に入っている」と主張する有名な専門家*4
もいる。 

私は中国崩壊論には与しないが、中国は日本の「失われた20年」のような停滞期に入っていると思う。同じ主張を南カリフォルニア大学のダニエル・リンチ准教授がしている。

 彼は、フォーリン・アフェアーズ(FA)に掲載された「中国台頭の終焉」*5
という論考で次のように主張している。 「中国の株式市場の不調、会社の赤字増大、外貨準備高の流出は中国の経済的な不振を示す。

中国共産党は、経済不振の深刻さを認識しているが、経済不振は中国崩壊まではいかない。中国崩壊をソ連崩壊と同列に考えることは適切ではない」

 「日本の1990年からの失われた20年のようなものである。日本は、株バブルと不動産バブルの崩壊によりデフレ・スパイラルに陥ったが、日本が崩壊したとは表現できないように、中国の崩壊とは表現できない」

 私は、ダニエル・リンチ准教授の意見に賛成である。

 一方、中国の李克強首相は、中国経済のハードランディングを否定し、政府発表の経済成長率6.5%以上の達成に自信を表明しているが、世界の専門家の評価との乖離は大きい。

 そもそも中国の経済に関する予測が難しいのは中国の各種データが信頼できないことに大きな原因がある。

李克強首相自身、遼寧省の党委員会書記の時代に自国のデータが信用できないから、李克強指数を信頼していたと言われている。

 中国政府が発表するデータを信用しない専門家は、独自のデータで分析し、その分析結果は中国経済の未来に関して悲観的であるケースが多い。

 いずれにしろ、対中国戦略を構築するためには、中国の将来像を予想しなければいけない。

本稿においては、米大統領選挙の年の12月に国家情報会議(NIC)が発表する「GLOBAL TRENDS」およびデニス・ブレア元大将(かつて国家情報長官であった)の中国分析を参考にして議論を進めることにする。

 *1=戦略問題研究所(CSIS:Center for Strategic and International Studies)

 *2=笹川平和財団USA(SPF USA:Sasakawa Peace Foundation USA)

 *3=米国国家情報会議(NIC: National Intelligence Council)、“GLOBAL TRENDS 2030”

 *4=田中直毅、「中国大停滞」、日本経済新聞出版社

 *5=Daniel Lynch、“The End of China’s Rise”、 Foreign Affairs、January 11 2016

◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   ◇◇◇   

2ページ以降の内容

■ 2 GLOBAL TRENDS 2030、
■ 3 GLOBAL TRENDS 2035、
●On the Brink(崖っぷち)シナリオ:[大国間の紛争シナリオ]、
H ot & Cold(暑さ寒さ)シナリオ:[気候変動の影響シナリオ]、
●Trial & Error(試行と錯誤)シナリオ:[非国家主体の影響シナリオ]、
●Feral Dogs(野生の犬*7)シナリオ:[長い期間の低成長やゼロ成長の影響シナリオ]、

■ 4 デニス・ブレア論文の中国認識と日米共通の対中国戦略
●ブレア論文の結論●「主張する関与」の背景としての対中国認識と戦略の一端
●シナリオ1:「強くて友好的」な中国
●シナリオ2:「強くて攻撃的」な中国
●シナリオ3:「弱くて内向き」な中国
●シナリオ4:「弱くて攻撃的」な中国
●対中国戦略を構築するための基本シナリオ
●「主張する関与」の5つの政策

■ 結言

続きは以下からどうぞ★
ヤフーニュース 雑誌 国際総合
中国への見方を大きく変えた米国、日本は再評価JBpress20日(水)6時5分





 

日本ビジネスプレス

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/46626

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

よかったら覗いてみて下さい
button.png

終りまでお読みいただき、ありがとうございました
(以下をいいねと、お願いします。いつも感謝しています)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

★「おもてなし」を大切にする歯科医院
   【精密審美歯科センター】

 
ショップ名: 医療法人精密審美会

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇