読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネットビジネス情報は海原の波

毎日、沢山の情報が生まれ消えています。どんな情報がいいのか?

中国外相が「西側のつくり話」は民度かも

中国外相が「西側のつくり話」は民度かも

 

中国政府側の発言の3つ目です。最初は主権おじさ
んの「主権・・・」でした。次に国防省の「兵器は
ある」でした。そしてこの記事なのですが、王毅
外相の発言です。「ミサイル配備は西側メディアの
作り話」ということです。記事は2月17日の配信で
す。

王毅外相はフランス政府にお見舞いの通信をして、
同時に中国ではウイグル族の暴動、鎮圧を報道した
わけです。パリのテロ事件に乗せて、中国ではウイ
グル族弾圧を正当化したと言われています。この方
は抜け目のないというか油断もスキもないというか、
そのようなタイプの外務大臣のようです。

詳しくは、1月31日掲載のページをご覧ください。

中国から退去した仏人記者のインタビュー記事がありました


ウイグル族弾圧に利用したことを報道したフランス
人記者は、捏造された言葉で環球時報にガンガンい
じめられたようです。そうですよね、外務大臣のサ
ル知恵を見抜いてしまったのだから、あの中華思想
が許さないと思います。中国から退去処分を受けて
しまいました。

この外務大臣は、国際標準と少しずれたサル知恵的
な見解や発言が多いのです。文の捏造の天才かもし
れません。主語と述語のすり替えなども大得意のよ
うです。なので、この人の民度は中国政府の民度
見えてしまいます。

少し前のことになりますが、小笠原サンゴの大密漁
はご記憶でしょうか。この時、環球時報が漁民、漁
船を非常に心配していました。この計画を王毅外相
の周辺が立案したしたかもしれません。というのは
APECの日程が考慮されていたように思えるからで
す。小笠原サンゴの大密漁も中国政府の民度と思え
ば分かりやすいですね。

人工島の灯台に注目すべきだと言うことです。1行
だけですが以下の報道記事に「西側報道の作り話」
があります。中国政府の民度かどうか、読んでみて
ください。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


南シナ海にミサイル配備との報道は西側のつくり話=中国外相

ロイター 2月17日(水)15時46分配信

 

[北京 17日 ロイター] - 中国の王毅外相は17日、中国軍南シナ海の島に地対空ミサイルを配備したとの報道は一部西側メディアのつくり話と述べた。

中国が南シナ海の島に地対空ミサイル配備、緊張高まる

記者会見で語った。

西側メディアに対し、中国が同地域に建設中の灯台にもっと注意を払うよう促した。

台湾と米国の当局者は17日、ロイターや他メディアに、中国がミサイルシステムを配備したことを明らかにした。

またこの会見に同席した中国訪問中のビショップ豪外相は、同地域での抑制を促し、すべての関係者に平和的な問題解決を求めた。

オーストラリアは南シナ海の領有権問題について中立姿勢をとっている。★

 
 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

南シナ海の防衛施設、何年も前から存在している=中国国防省

ロイター 2月17日(水)18時52分配信

 

[北京 17日 ロイター] - 中国国防省は17日、南シナ海の島に地対空ミサイルを配備したかとの質問に、防衛施設は何年も前から存在していると回答した。

同省はロイターの取材に対し「西沙(パラセル)諸島は中国の領土であり、防衛施設を設置する権利がある」と文書で回答した。

また、関連諸島・岩礁への空・海洋防衛施設の配備は何年も前から行われているとして、一部西側メディアの報道を完全に否定した。★

南シナ海の防衛施設、何年も前から存在している=中国国防省

ロイター 18時52分

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 

よかったら覗いてみて下さい

button.png

終りまでお読みいただき、ありがとうございました
(以下をいいねと、お願いします。いつも感謝しています)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

美脚・現役モデルが競うコンテスト エステ体験
 

 
 ショップ名: エルセーヌ
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇