ネットビジネス情報は海原の波

毎日、沢山の情報が生まれ消えています。どんな情報がいいのか?

サイの大敵と象さんの大敵が逮捕、タンザニア

サイの大敵と象さんの大敵が逮捕、タンザニア



サイの角を密輸入しようとして中国人の男4人がタン
ザニアで逮捕されました。禁錮20年だそうです。厳
しいですね。サイの角は漢方薬では非常に高価な原料
となって、近年サイの密猟が増えているということで
す。

サイはアフリカ、インド、アジアの熱帯に広く分布す
るのですが、各地域のサイが絶滅危惧種になっていま
す。密猟されないために角を落として自然に戻すとい
う対策を採っているところもあるということです。

中国、ベトナムでサイの角の取引が盛んなようなので
すが、中国での心配は、気管支や肺に効く、とかいっ
て大気汚染の激しい地域で売るかもしれないですね。
でも、サイの角には有効な成分はなく、何も効かない
というのが事実みたいです。

ということですと、サイは何千年もただただ迷惑をし
ているということになります。いつの時代の中国人か
分かりませんが、中国人のサイの角の有効性の捏造で
サイが絶滅しそうです。
問題は今の北京政府はこれを知っているのかどうかで
すね。つまり、知っているが国民に知らせないでサイ
が絶滅するのを見てるということになります。知って
いるところが政府の上のほうに知らせるのは危ないの
かもしれません。


下の報道記事は11月1日の配信ですが、ゾウさんの密
猟をする主役が逮捕されました。密猟組織または集団
を作って組織的にゾウさんの密猟をし、象牙を密輸を
する、現地で「悪魔」と呼ばれる首領だったようです。

その記事の中に
象牙の女王」の異名を持つ中国人の女と・・・
とありますが、この「象牙の女王」についてはブログ
でも掲載しています。関心がありましたらどうぞ。

掲載日2015年11月12日

アフリカゾウの敵「象牙の女王」が逮捕、タンザニア
 
この逮捕あたりからタンザニアが動物保護に力を入
れているように思われます。動物保護について中国
人の行動に警戒を始めたのかもしれません。

象牙の女王は鉄道建設の時に通訳をしていたという
ことなのですが、鉄道といえば、インフラですね。
現在、中国政府はインフラ整備をもってアジアに進
出しようとしていますが、何かと現地に問題を起こ
すのではないかと心配です。平たく表現するとあの
中華思想を持って行動するような気がします。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

サイの角を密輸、中国人の被告4人に禁錮20年 タンザニア

AFP=時事 12月18日(金)23時4分配信

 

【AFP=時事】サイの角11本を密輸しようとして摘発された中国人の男4人に対し、タンザニアの裁判所は16日、禁錮20年の有罪判決を言い渡した。同国の検察官が18日、述べた。

4200万円でクロサイ猟の権利獲得、米男性がナミビアで猟実行

 サイの角の密輸としてはアフリカ東部で過去最大規模の押収量となった今回の事件について、タンザニアのワンキョ・サイモン(Wankyo Simon)検事はAFPの電話取材に対し、「被告には禁錮刑の他、4人それぞれに罰金800ドル(約10万円)が命じられた」と語った。

被告4人はマラウイからタンザニアに入国後、南西部ムベヤ(Mbeya)で先月、逮捕された。

 サイの角は東アジアで薬として用いられており、角のために毎年数百頭のサイが殺されている。【翻訳編集】 AFPBB News

サイの角を密輸、中国人の被告4人に禁錮20年 タンザニア写真

AFP=時事 18日(金)23時4分

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 

象牙密輸の「悪魔」を逮捕、「女王」に続き タンザニア

CNN.co.jp 11月1日(日)15時27分配信


(CNN) ゾウの保護運動団体「エレファント・アクション連盟」などは1日までに、アフリカ東部タンザニアでゾウ密猟の複数のシンジケートを築いた首謀者とみられる男が逮捕されたことを明らかにした。

同国の最大都市ダルエスサラームの倉庫内で捕まったのは「悪魔」の通り名でも知られ、指名手配中だったボニフェース・マシュー・マリアンゴ容疑者(45)。

タンザニアで多国間重大犯罪の取り締まりに当たる国家捜査当局が拘束した。

同容疑者は過去に逮捕の試みから複数回逃れていたという。タンザニアの首都で拘束中で、事件審理の開廷を前に尋問を受けているとされる。

エレファント・アクション連盟の幹部によると、同容疑者はタンザニアで先月初旬に逮捕された、「象牙の女王」の異名を持つ中国人の女と多数回にわたって密輸などで結託していたとみられる。

この女はヤン・フェン・グラン容疑者(66)で、アフリカ東部で過去10年内に逮捕された象牙密輸犯の中では最大の大物とされた。

同容疑者はアフリカ東部と中国を結ぶ供給ルートを約10年にわたって動かしていた。このルートに関与していた供給業者の多くも10月初めに摘発されていた。

同連盟によると、グラン容疑者は1975年、中国がタンザニアで鉄道建設に協力した際、スワヒリ語と中国語の通訳としてタンザニアに入国。象牙密輸は2006年から始めたとされる。
 

象牙密輸の「悪魔」を逮捕、「女王」に続き タンザニア

CNN.co.jp 15時27分

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

ジンバブエの国立公園でゾウ23頭殺される、密猟者が青酸カリ使用写真

ロイター 10月30日(金)12時54分


よかったら覗いてみて下さい
自分を不幸にしない13の習慣、今なら無料!
 
終りまでお読みいただき、ありがとうございました

(以下をいいねと、お願いします。いつも感謝しています)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

★簡単にできる「プチ・ホームページサービス」

  
 
 ショップ名: GMOペパポ株式会社

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇