ネットビジネス情報は海原の波

毎日、沢山の情報が生まれ消えています。どんな情報がいいのか?

ベトナムでは習近平主席の訪問に反対デモ

ベトナムでは習近平主席の訪問に反対デモ


ベトナム政府は中国との経済協力を望んで、表面的に
習近平主席の見解に同意したのですが、ベトナム
民の間では反中感情が広がっているようです。これを
複雑の2としましょう。

ただ、今回はデモを取締る方には余裕があったようで
す。それでいいのです。デモもできない国を応援した
り支援しにくい国もあります。ベトナム政府が神経質
になることはないですね。

中国のネットユーザーの中には、あんな国でもデモが
できるのかうらやましいと感じる者もいるようです。
矛盾だ汚職だと言えても、分かっても、それ以上は何
も言えない、できない国なので、ツアーを組んで観光
見物として売り出すといいかもしれません。

デモをある程度容認して半分民主主義が分かっている
ような顔をして、ベトナム政府はあっちこっちと相談
先を増やせばいいのです。反中国のデモはこれから増
えるのではないでしょうか。庶民に反感を持たれる手
法で中国がやっているのですから、他はどうすること
もできない感じです。以下の記事の環球時報の表現が
苦しそうです。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

ハノイで連日抗議デモ 友好演出…反中感情に火

産経新聞 11月6日(金)7時55分配信


 【北京=川越一】中国の習近平国家主席は、ベトナムへの訪問で中越関係の“リセット”を強調した。経済協力強化を望むベトナム側も表向きは友好関係をアピールしたが、国内では抗議の声が噴出。

「伝統的な友好関係を固める旅」と訴えた習氏だが、反中感情を高める皮肉な結果となった。

 現地からの報道によると、習氏の訪問直前から首都ハノイでは抗議活動が続いた。

参加者は「スプラトリー(中国名・南沙)諸島とパラセル(同・西沙)諸島をベトナムに返せ!」などと訴える横断幕を掲げて抗議。5日は中国大使館周辺にバリケードが築かれ、道路が封鎖された。

 しかし、3日にハノイ中心部で行われた抗議活動の参加者は「警官はほとんど抗議者を放っておいた。すぐに追い払われた昨年の反中デモと違った」と証言しており、ベトナム政府の対応にも変化が表れている。

 中国の国際情報紙、環球時報(英語版)は5日付の評論記事で、ベトナムを「大国の対抗関係によって簡単に方向転換する国」と揶揄(やゆ)。

ベトナム政府は、中国の地域での影響力が外部の力で消されないことを深く理解できる」と存在感を誇示した。

 ベトナム南シナ海での米軍の行動について明確な支持を避けるなど、中国の顔色をうかがうが、ベトナムの中国文化専門家は「指導者は習氏の訪問を歓迎するかもしれないが、国民は違う」と反発。

 経済力で対立を封じ込める中国への反感が再び広がっている。

ハノイで連日抗議デモ 友好演出…反中感情に火

産経新聞 6日(金)7時55分

よかったら覗いてみて下さい
button.png
 
終りまでお読みいただき、ありがとうございました
(以下をいいねと、お願いします。いつも感謝しています)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

エステ・痩身・脱毛 合計ー8cmやせる体験
 
    ショップ名: エルセーヌ

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇