ネットビジネス情報は海原の波

毎日、沢山の情報が生まれ消えています。どんな情報がいいのか?

南シナ海の人工島を捏造と見ると、中華文明が分かるかも

南シナ海の人工島を捏造と見ると、中華文明が分かるかも

 

 
アメリカ海軍のイージス駆逐艦南沙諸島(英語名:
スプラトリー諸島)海域の航行について、フィリピ
ンのアキノ大統領は、人工島の12カイリ以内を航行
しても何の問題もないはず、力の均衡を歓迎する、
との声明を出しました。

アキノ大統領は分かりやすい固有の表現をします。
東シナ海周辺の政府のどこか強要するような、威嚇
するような言葉が入っている言い方とは区別できま
すね。不快感作戦の得意な国々と違って、すっきり
しています。
この記事は1週間以上前の10月27日に配信されたも
のです。

この報道記事ではなく前ページに関係して、中国ネ
ット民の表現を見ていると、捏造も矛盾も汚職も同
じもののように思えてきました。このブログは、中
韓のネットユーザーのコメントの影響を受けてしま
ったようです。

中国や韓国では日本のことを取り上げ、少々捏造を
加えて、矛盾なんか考えずに表現し、日が暮れたら
汚職する、というパターンがあるのではないでしょ
うか。日本のことが書いてあると読んでもらえそう
な感じはあります。

しかし、日本に不快感を与える公的な発表に賛同し
てしていたのですが、国内では客船が沈んだり、工
場が爆発を起こしてしまった、どうしてだろう、何
が原因かな、小日本は関係なさそうだ、汚職が原因
かな、となって、日本批判は詳しく鋭いのに自国民
の命は安く見られている、どっか矛盾している、と
ネットユーザーが気づいてしまったようですね。

中国側のことでなく日本側にとっては、中国の偉い
人が昼は反日の見解を喋って、夜は儲かる汚職の席
へ行くとしたら、中韓の不快感作戦は終りがない感
じがします。中韓のネットユーザーが何を言ってい
るかどころではありません。ストレスの元になって
しまいます。

日本側は、これが民族性というものなのかな、じゃ
あ、中国の賄賂技術は世界一かな思ったりするわけ
ですが、とは言っても、日本への不快感作戦はこれ
からも国連をはじめ色々な地域で続きそうです。こ
れでもかこれでもかと出てきそうです。

そういうことで、中国や韓国への関心はもう白けて
冷めて、お好きなことを何でも言ったら、となって
きているように思えます。反日よりは笑いや歌や踊
りが好きそうなフィリピンと色々と提携して、反日
の気配から少し遠ざかってみようか、となりそうで
すね。

さて、南シナ海の人工島ですが、これは捏造の一種
と見ることができます。滑走路まであるものを捏造
とはいえないとは思うのですが、次に「主権」と来
ています。これは西方や南北の周辺にある「自治区
と効果が同じものと考えても叱られないように思え
ます。言葉を信用するかどうかはあなたしだい、信
用したあなたが嵌ってもあなたの責任、のお言葉と
いう気がします。

それで、夜の部の汚職なんですが、何かあるでしょ
う。読者の方も探してみて下さい。多分、中国のネ
ットユーザーは気がついているでしょう。最近で
は、日本批判だけでなく、それぞれの自国の不幸を
嘆くコメントもあります。日本のことを取り上げて
いるうちに、自国の様子を知ったりしても楽しめな
いようです。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

米イージス南シナ海派遣 アキノ比大統領「力の均衡を歓迎」

産経新聞 10月27日(火)12時53分配信


 【シンガポール=吉村英輝】フィリピンのアキノ大統領は27日、米駆逐艦南シナ海で中国が建設している人工島の12カイリ(約22キロ)内を航行したことについて、同海域は航行の自由が保障された場所であり「何の問題もないはずだ」と述べ、米国を支持した。

マニラでの外国記者協会との会見内容を現地メディアが伝えた。

 アキノ氏は、米軍の行動について「世界のどこにおいても、力の均衡は誰もが歓迎するだろう」とも述べた。

南シナ海で力による一方的な現状変更を進める中国への懸念を示すと同時に、同盟国である米国が実際の行動で存在感を示したことを評価する姿勢を明確にした

米イージス南シナ海派遣 アキノ比大統領「力の均衡を歓迎」写真

産経新聞 12時53分

マニラ空港で「手荷物ラッピング」人気に 犯罪抑止効果も写真

みんなの経済新聞ネットワーク 5日(木)14時0分


よかったら覗いてみて下さい
button.png
 
終りまでお読みいただき、ありがとうございました
(以下をいいねと、お願いします。いつも感謝しています)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

★簡単にできる「プチ・ホームページサービス」

  
 
  ショップ名: GMOペパポ株式会社

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇