ネットビジネス情報は海原の波

毎日、沢山の情報が生まれ消えています。どんな情報がいいのか?

ダライ・ラマ14世のインタビュー記事です

ダライ・ラマ14世のインタビュー記事です

 

CNNがダライ・ラマ14世をロンドンでインタビュ
ーした記事です。ダライ・ラマの制度は自分で最後に
なるかもしれない、「何も心配していない」、仏教の
伝統がチベットほど純粋に受け継がれている国はな
い、その伝統を守ることは中国の仏教徒全体に大きな
恩恵をもたらすと述べた、ということです。

アメリカ訪問の前に体調を崩して入院し、アメリカの
訪問は中止されました。現在は健康を回復しているよ
うです。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

チベット仏教の未来「心配していない」 ダライ・ラマが言明

CNN.co.jp 10月7日(水)19時42分配信


ロンドン(CNN) チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世はロンドンでCNNとのインタビューに応じ、生まれ変わりの信仰に基づいて指導者を継承するダライ・ラマの制度は自分で最後になるかもしれないとしたうえで「何も心配していない」と語った。

ダライ・ラマはインタビューで、中国政府は依然として自分を政治的指導者とみなしているが、実際には2011年以降、精神的指導者の役割だけを果たしてきたと強調。

「私は政治的な場面から完全に退いた。私だけでなく、400年来の伝統を持つ制度自体もだ」と語った。

チベット仏教の歴史はダライ・ラマの制度よりはるかに長いと指摘し、「将来はダライ・ラマなしでチベット仏教が続いていく」との見方を示した。

そのうえで、ダライ・ラマ制度については自分よりも中国政府の方が気にかけているようだと指摘した。

ダライ・ラマは今月訪米を予定していたが、出発前に検査入院して中止を余儀なくされた。インタビューは入院直前のタイミングで行われた。本人は現在インドに戻っている。信者らに語ったところによれば、健康状態は「極めて良好」だという。

中国政府はダライ・ラマを「反中国の分離主義者」と呼んで敵視してきたが、本人はインタビューで「我々は独立を求めてはいない。歴史的にみて我々が独立国家であることは、全ての歴史学者が知っていること。ただし中国政府系の学者は例外だ。かれらはその事実を受け入れようとしない」と語った。


また、チベットにとって中国の一部であることは「物質的発展のために有益だ。独自の言語や豊かな宗教性が確保されるという条件付きでの話だが」との考えを示した。

一方で、仏教の伝統がチベットほど純粋に受け継がれている国はないと語り、その伝統を守ることは中国の仏教徒全体に大きな恩恵をもたらすと述べた。

イスラム教をはじめとする他宗教の信者らとの関係については、「かれらに違和感を抱いたら、仏教の開祖ブッダの顔を思い浮かべることだ。ブッダならその人々を守り、助けるに違いない。

我々もブッダに従うべきだ。国益は二の次だ」と主張。「イスラム教の方が心に響くという人々もいる。ならばイスラム教に従えばいいし、我々はそれを受け入れなければならない」と語った。

チベット仏教の未来「心配していない」 ダライ・ラマが言明

CNN.co.jp 19時42分

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 
よかったら覗いてみて下さい
button.png
 
終りまでお読みいただき、ありがとうございました
(以下をいいねと、お願いします。いつも感謝しています)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

  ★逆指名の転職 看護師募集
  
  ショップ名: ナースコンシェルジュ
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇