ネットビジネス情報は海原の波

毎日、沢山の情報が生まれ消えています。どんな情報がいいのか?

中国中央政府の一団がラサを訪問、チベット支配が着々と

中国中央政府の一団がラサを訪問、チベット支配が着々と

 

中国国内ではチベット自治区成立50年ということで、
中央政府の一団が始めてラサを訪問したということで
す。この人たちは生まれたときから仏教などは中国内
には何の情報もなく、毛沢東しか知らずに成長して立
派に出世された方々と想像できます。

先日は北京で中国政府の抗日戦勝70周年の式典の軍事
パレードがありました。チベット戦勝○○年記念パレ
ードとは言わなかったですね。これでは今進めている
軍備拡大で政策が正当化できないと思われます。

日本軍が降伏して70年経っているということですが、
日本軍降伏の後中国では国民党と共産党が内戦の戦争
をして共産党側が1949年に勝利しました。そして、
中国共産党政権はチベット征服を政策にしました。

どこの国でも国内を統一できたから軍を解散すような
ことはありえないわけですが、中国共産党は中国の政
権であることを正当化する必要があるようになり、横
から見ると、弱いところを征服するという方針を作っ
たとも言えます。

1949年に青海省の国民党系の支配者を中国軍は討伐
し、1950年はチベットの地域だった、カム、チャム
ド(四川省の西方、チベット東部)と進み、カムでは
チベット軍と戦闘もありました。中国軍が占領した地
域には中国人が入植しています。

1951年には人民解放軍のラサ進駐がはじまりました。
チベットは中国政府と交渉したようですが、チベット
の使節は北京で脅迫され中国側の好きなように進めら
れ、国際的にはむちゃくちゃの発表がされました。自
分のところへ話し合いに来たものを踏みにじるのは得
意とするようです。日本企業が焼き討ちにされたのと
似ているかもしれません。

1959年には大事件が起きました。人民解放軍からダ
ライ・ラマへ観劇の招待があり、迎えに来た中国軍
車に何万というチベット人が抗議したしたということ
です。中国進駐軍への不信が極度に高まったわけで
す。この事件の3日後ダライ・ラマは密かにラサを脱出
してインドに亡命しました。

ダライ・ラマを取り逃がした中国軍は宮殿を砲撃し、
多数の市民を殺害しました。約3万人のチベット人
殺されたということです。ラサ虐殺と表現してもい
いようなことも起こっていたようです。宗教を否定
することから僧侶を中心に悲惨な方法での殺害、強
姦、見せしめ処刑、残忍なことはなんでもありのこ
とが行われたということです。

漢の時代から続いている中国人の誇り高いプライド
が傷ついたのでしょう、一気に獰猛残虐さをむき出
しになりました。やはり漢の時代から続いているよ
うな残虐的な手法を使ってチベット人を責めたよう
です。

針一本盗むな、糸一本盗むな、の標語で始めたチベ
ット解放、自治区設立なのですが、初めのうちは美
しそうな言葉を使っていても、征服してしまうとや
はり本性が出てしまうようです。チベット自治区
立50周年だそうです。今もダライ・ラマの写真を
持っているだけで拘束され多分拷問されるのでしょ
う。仏教寺院の僧の焼身自殺も時々起こっていま
す。先日はチベット仏教の高僧が獄死しました。

目を海の方にやると現在は東シナ海南シナ海は中
国の主権だといって、海の上でベトナムやフィリピ
ンの漁船をいじめています。インターネット上では
中華文明、歴史などの言葉を使う人もいるのです
が、何を意味しているのでしょうか。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

<中国>チベット政策自賛 自治区成立50年

毎日新聞 9月8日(火)0時53分配信


 【上海・林哲平】中国チベット自治区が1日に成立50年を迎えたことに合わせて、習近平指導部が経済成長などの成果を強調して中国統治の正当性をアピールしようとしている。

中国は一方で、独立につながる動きを警戒し、宗教政策について中央政府の管理強化を打ち出している。

 ◇経済成長強調 宗教では「抑圧」緩めず

 中国中央テレビ(CCTV)は6日、記念式典に出席するため、区都ラサの空港に到着した共産党序列4位の兪正声中国人民政治協商会議主席らをチベット族が中国国旗を振って歓迎する様子を放送、「民族の協調」を演出した。

 宗教的な抑圧に対するチベット族の反発が続く中、指導部が重視するのが経済だ。6日に発表したチベットに関する白書は、自治区の域内総生産額が50年間で281倍になったと自賛した。

国営新華社通信によると、習近平国家主席チベット政策に関する8月の会議で「貧困がもたらす問題を着実に解決し、困窮している人の生活を早急に改善する」と民生分野に重点的に取り組む姿勢を示した。

 一方、宗教政策では厳しい姿勢を見せる。習氏は会議で、チベット仏教の最高指導者でインドに亡命中のダライ・ラマ14世を名指しして、「祖国を分裂させ、社会の安定を破壊する行為には法に従って打撃を加える」と強調した。

 チベット族が不安を募らせているのが80歳を迎えたダライ・ラマの後継問題だ。

チベット仏教には、高僧が死後に生まれ変わる「輪廻(りんね)転生」制度がある。中国は2007年、転生に政府の事前承認を求める条例を制定。後継者問題に介入することで自治区での影響力強化を狙っている。

 1995年には、ダライ・ラマが宗教指導者パンチェン・ラマ11世に指名した6歳の少年が行方不明になる事件が発生。別の少年を11世として認定した中国政府に国際社会の批判が集まった。

 英紙フィナンシャル・タイムズ(電子版)によると、6日に記者会見した自治区党幹部は、行方不明の少年について「普通の生活を送っていて、邪魔されることを望んでいない」と述べ、当局の監視下で暮らしていることを示唆した。

 中国政府の抑圧的な宗教政策へのチベット族の反発は根強い。自治区を含むチベット族居住地域では僧侶や住民による抗議のための焼身が続いており、米政府系の自由アジア放送によると09年以降で143人にのぼる。

 インド北部ダラムサラチベット亡命政府は1日、ダライ・ラマが訴えている「高度の自治」を改めて主張する声明を発表。

ダライ・ラマの転生者を中国政府が選ぼうとすれば、国際的批判を招く」とけん制した。

<中国>チベット政策自賛 自治区成立50年

毎日新聞 8日(火)0時53分



◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

日本人の“中国好感度”はなぜ下がった?中国ネットで議論、「道理が通じる」「根本の原因は経済競争」写真

FOCUS-ASIA.COM 14日(月)21時21分


中国政府の香港事務責任者「香港での三権分立完全実施は不可能」―中国メディア写真

FOCUS-ASIA.COM 14日(月)20時10分


中国が強制送還を拒否、違法移民3万9000人が滞留―米国写真

Record China 13日(日)23時33分


中国、チベットに大規模代表団 8日に自治区成立50年式典

産経新聞 8日(火)7時55分


 
よかったら覗いてみて下さい
button.png
 
終りまでお読みいただき、ありがとうございました
(以下をいいねと、お願いします。いつも感謝しています)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

★簡単にできる「プチ・ホームページサービス」

  
 
  ショップ名: GMOペパポ株式会社

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇