ネットビジネス情報は海原の波

毎日、沢山の情報が生まれ消えています。どんな情報がいいのか?

チベット人が拘束か、ダライ・ラマ側に情報提供 「習主席の権力は危険」オバマ発言から23

チベット人が拘束されたか、ダライ・ラマ側に情報提供

「習主席の権力は危険」オバマ発言から23

 
 

チベット人が処分されたようです。地元の共産党の幹部だそうです。
チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世側にひそかに
情報提供したという内容です。処分の内容ははっきりしません。
中国政府はチベットウイグル地区では外国メディアの取材を
認めてなく、情報自体を支配しています。その中で監視や支配を
進めているので人権の問題もほとんど伝わらないようにしている

思っていいでしょう。ダライ・ラマのアメリカ訪問をけん制した
のかもしれません、分かりやすく言うと、不快感作戦でしょう。
陰気くさいですね。
 
中華思想によるチベット支配、ここから出発して
「アジアインフラ投資銀行」を見てみますと、
各国が出資したお金でアジアの国の国債を購入して、
じわじわと政権をゆさぶっていくという想像ができます。
選挙で選ばれた政権がゆさぶられると、法律超えた
ところで国民全体が損をしたり犠牲になったりしそうです。
矛先が日本に向いているのは確かなように思えます。
 
アジアの経済発展なんて理念があるように思えないので、
自分の利益を複雑にして進めそうです。一例をあげると
最初の空母の代金は踏み倒しているという情報もあります。
くり返しになりますが、以上は中華思想によるチベット支配を
出発点にして想像したものです。
以下の記事は、1月の終わりごろの報道です。よかったら、
お読みください。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

共産党幹部15人処分 ダライ・ラマ14世側に情報提供

朝日新聞デジタル 1月30日(金)5時24分配信

 チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世側にひそかに情報提供し、国家の安全を危うくしたなどとして、中国チベット自治区当局が昨年、15人の地元共産党幹部を処分したことがわかった。中国メディアが29日までに報じた。


 報道によると、当局は27日、15人がチベット独立を狙う地下組織に参加したり、機密情報を提供したりしていたと認定し、処分を公表。名前や役職は明かされていない。また、28日にも、インドと接する山南地区のチベット族の元党幹部を重大な規律違反の疑いで調査中と発表しており、関連が指摘されている。

 中国政府は、インドに亡命しているダライ・ラマ14世とその支持者らを「中国からの分離独立を企てている勢力」などと非難し、自治区内でもチベット族の行動を厳しく監視している。一方で、こうした締め付けに対し、抗議の自殺なども相次いでいる。

朝日新聞社 

共産党幹部15人処分 ダライ・ラマ14世側に情報提供

朝日新聞デジタル 1月30日(金)5時24分

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
チベット問題のページ

チベット大虐殺を人権侵害・人権弾圧と呼ぶな! | as ...


チベットの人権問題 - ダライ・ラマ法王日本代表部事務所

 

チベットでの中国の存在と人権の侵害- 女性の権利- | 人権問題 ...


チベット問題 - Wikipedia


よかったら覗いてみて下さい。プレゼントもあります。
button.png

  終りまでお読みいただき、ありがとうございました

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

長靴レインシューズ・ランキング(週間)

 
 
楽天市場トップへ
 

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇