ネットビジネス情報は海原の波

毎日、沢山の情報が生まれ消えています。どんな情報がいいのか?

「爆買い」を全人代が議論、国民の信頼を取り戻すべきだ

「爆買い」を全人代が議論、国民の信頼を取り戻すべきだ

 
「爆買い」のことは中国内のメディアでも騒がれているのですが、
日本の国会にあたる全人代全国人民代表大会)で議論されて
いるということです。「国民の信頼を取り戻す」とか、
ちょっと信じられない言葉も出ているようです。
 
「爆買い」という行動の良し悪しの話ではなく、中国企業は
技術力をつけて中国製品を国内で購入できるように努力する
べきだというのです。お金の動きから技術力のことに気がついた
ようです。今回は全人代は素直でまじめですね。
 
ところがですが、話題の温水洗浄便座ですがパナソニックの場合は、
全部中国の工場で生産しているということなのです。
この前は工場を焼き討ちしといて、今は中国人が日本で製品を
喜んで買っているという、この意味を少し考え始めたという
ことでしょうか。それとも、企業が長年の技術の蓄積があって
消費者に応えていることを知らない人間が、日本企業の焼き討ちを
指示したということでしょうか。どちらかは分かりません。
 
それはともかく、国民が満足するものを生産するべきだ
ということです。大変まじめです。いずれは役に立つ中国
ブランドが出てくるでしょう。
 
管理人としては「爆買い」は値段や品質のことも関係してくる
とは思うのですが、中国に溢れる中華思想の気配が無いところで
買い物をしてみたい、という要望もあるのではないでしょうか。
抗日戦争ドラマはほとんど毎日テレビでやっているということです。
 
以下の記事によりますと、2014年の中国人の日本での旅行消費額は
5583億円ということです。円安の効果もあるとしますと、2015年は
1兆円を超えそうです。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

<中国>「爆買い」はまずい? 消費の海外流出に危機感

毎日新聞 3月9日(月)20時23分配信


 全人代で「家電製品を大量購入」が議論呼ぶ
 【北京・井出晋平】中国の国会にあたる全国人民代表大会全人代)で、中国人が海外で家電製品などを大量購入する「爆買い」が議論を呼んでいる。

全人代や同時開催されている中国人民政治協商会議(政協)には多数の企業首脳らが代表として参加しており、「爆買い」を招く中国企業の弱さを反省する声が続出。政府も消費が海外に流出する現状に焦燥感を強めており、製造業の競争力強化などに乗り出す方針だ。
【特需にわく北海道】旅行客、夜は「爆買」

 中国人による海外の消費額は昨年、1兆元(約19兆円)を超えたとされる。今年の春節(旧正月)は、円安の影響もあり訪日旅行者が急増。中国人旅行者が「四大宝」と呼ぶ炊飯器などの日本製品を「爆買い」する様子は中国メディアでも大々的に報じられた。中国ではまだ珍しい温水洗浄便座を大量購入する姿は、「便座事件」と注目を集めた。

 中国国内の報道は当初、消費者の外国製品好きを批判する論調が目立った。中国中央テレビ(CCTV)が日中両メーカー製の炊飯器で炊いた米を消費者に食べ比べてもらい、「中国製の方がおいしく炊けた」と結論づけた番組が典型だ。

 しかし、最近は「なぜ中国企業が同様の製品を開発できないのか」「日本企業も中国で製造している。なぜ中国メーカー製より人気なのか」と原因を分析する論調が登場。全人代や政協では、中国企業の問題点を素直に反省する代表のコメントが紹介されている。

 全人代代表で家電大手TCLの李東生会長は中国メディアに対し、「メーカーとして中国の消費者に良質な製品を提供できず恥ずかしく思う。日本製品を超える努力をしなければならない」と発言。政協委員の楊元慶・聯想レノボ)会長は「国民は国産品の品質やブランドを信頼していない」と認め、「国民の信頼を得るには技術革新が必要。外国製品のコピーはやめるべきだ」と提言した。

 高虎城商務相は7日の会見で「海外での消費を国内に取り戻す」と宣言。今年の政府活動報告に盛り込んだ10カ年計画「中国製造(メード・イン・チャイナ)2025」を達成するため、製造業の品質向上と競争力強化に率先して取り組む姿勢を示した。

 著名経済評論家、呉暁波氏は最近、インターネット上に「日本に行って便座を買う」と題した文章を発表し、「人件費の上昇などで中国企業の低コストという強みが薄れている。製造業のグレードアップが必要だ」と訴えた。

 ◇中国人「爆買い」
 中国人観光客が日本で大量の土産物を買う現象は、円安や消費税の免税品目拡大が追い風になった。2014年に日本を訪れた外国人客は約1341万人と過去最高だったが、中でも中国人は前年比83%増の約240万人で、主要国で最大の伸び。日本での中国人の旅行消費額は前年比2倍の5583億円(全体の27・5%)で、1人当たりの支出額は約23万円と、米国(約17万円)、台湾(約13万円)、韓国(約8万円)を上回った。

欧米の観光客は6~7割を宿泊や飲食に費やすのに対し、中国人は6割が買い物代。「カメラ・ビデオカメラ・時計」「電気製品」「化粧品」の人気が高い。2月の「春節」休暇で日本を訪れた中国人の消費は主要百貨店の売り上げを軒並み押し上げた。◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

関連するニュース

爆買いありがとう!在上海日本国領事館が中国旅行社に感謝状を贈る=「日本は貧しいからね」「日本製品不買はどこに行った?」―中国ネット写真

Record China 12時54分

こんなお話もあります 
button.png
  終りまでお読みいただき、ありがとうございました

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 
楽天市場トップへ


 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇