ネットビジネス情報は海原の波

毎日、沢山の情報が生まれ消えています。どんな情報がいいのか?

国連に平和維持部隊を要望、ポロシェンコ大統領

国連に平和維持部隊を要望、ポロシェンコ大統領

 

ウクライナ東部の交通、産業の要衝デバリツェボは、親ロシア派が
全域を支配した模様です。親ロ派に包囲されていたウクライナ政府軍のうち
大半にあたる約2500人がすでに撤退したようです。

ウクライナの国家安全保障国防会議は、平和維持部隊の派遣を国連

要請することを決め、ポロシェンコ大統領は欧州連合(EU)による

治安維持部隊派遣を希望しているようです。停戦の合意は
守られなかったことになるでしょう。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
 

ウクライナ東部の要衝デバリツェボで政府軍がほぼ撤退

フジテレビ系(FNN) 2月19日(木)4時44分配信

 
ウクライナで、停戦発効後も大規模な戦闘が続いていた東部の要衝デバリツェボで、18日、政府軍がほぼ撤退し、親ロシア派武装集団も、重火器の撤去を始めた。しかし、紛争解決は、依然楽観できない状況となっている。
ウクライナのポロシェンコ大統領は「ウクライナ軍は、デバリツェボからの撤退を完遂した」と述べた。
ポロシェンコ大統領は、撤退は停戦合意に基づくものだと強調したうえで、すでに80%の部隊が撤退を完了したと発表した。
また、「白旗を揚げて降伏しろと迫ったのは、恥ずべき行動だ」と述べて、ロシアのプーチン大統領を強く非難した。
一方、親ロシア派側は、「一部の重火器の撤去を始めた」と発表し、停戦を守る姿勢をアピールした。
しかし、親ロシア派が、停戦発効後も攻撃を続け、支配地域を拡大したことで、欧米などは、後ろ盾となっているロシアへの非難を強めるとみられ、緊張緩和の糸口は、依然として見えていない。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
 

ウクライナ東部の要衝デバリツェボで政府軍がほぼ撤退

 
 

ウクライナ東部の要衝デバリツェボで政府軍がほぼ撤退(15/02/19)

 
 ・https://www.youtube.com/watch?v=wj1s9Rvmt9M
 
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

ベビー向けおもちゃ・ランキング(週間)

 

  よかったらお散歩をどうぞ

 

  

1位 2位 3位

FLENSTED MOBILES(フレンステッド モ...

FLENSTED MOBILES(フレンステッド モ...
価格:3,628円(税込、送料別)

★  ★

【送料無料】くまのプーさん 6WAYジムにへ...

【送料無料】くまのプーさん 6WAYジムにへ...
価格:6,940円(税込、送料込)



 
楽天市場トップへ

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇