ネットビジネス情報は海原の波

毎日、沢山の情報が生まれ消えています。どんな情報がいいのか?

出国禁止取り消し求め提訴、産経新聞の加藤達也前ソウル支局長

出国禁止取り消し求め提訴、産経新聞の加藤達也前ソウル支局長

 

 

アメリカ政府が心配していました「表現の自由」が、次の

「人権の侵害」へ進みそうですね。いや、もう「人権侵害」と
 
言ったほうがいいですね。心理的圧迫が目的なのは
ほぼ明白ですから、恐怖感を与えて町を占領して
支配していくイスラム国と少し似ているかもしれません。
 
韓国の捏造は、アジア大会のインチキ審判、冨田尚弥選手の
「カメラ窃盗えん罪」と進み、外国語通訳のいない公判が
裁判所で開かれたようです。
 
これら以外に、大きな犠牲を出した客船セウォル号の真相解明を
握りつぶしたという話もでてきました。もう訳分からないですね。
 
韓国型の中華思想の皇帝様いるのかどうか、知りませんが、
アメリカ政府は「法律の運用を間違えている」とも韓国に
 
言ったのですが、間違いの方向へどんどん進んでいる
のではないでしょうか。
 
中国の皇帝様は韓国内のミサイル配備に神経質になって
いるようです。中国のロシア製ミサイルの購入と何か

関係ありそうですね。皇帝様が、「大韓民国は主権国家」と
言われたようです。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
 

前ソウル支局長が出国禁止取り消し求め提訴

産経新聞 2月7日(土)7時55分配信


 【ソウル=藤本欣也】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領への名誉毀損(きそん)で在宅起訴され、半年にわたり出国を禁止された状態が続く産経新聞の加藤達也前ソウル支局長(48)は6日、韓国当局による出国禁止の延長措置は違法であるとして、黄教安(ファン・ギョアン)法相に対し同措置の取り消しを求める行政訴訟をソウル行政裁判所に起こした。

また、加藤前支局長は同日、行政訴訟の判決が確定するまで、出国禁止延長措置の執行停止を求める仮処分を同裁判所に申し立てた。

 加藤前支局長の出国禁止をめぐっては、ソウル中央地検が昨年8月7日付で禁止措置を取って以降、8回延長されており、加藤前支局長は現在、少なくとも4月15日まで出国できない状況に置かれている。

 行政訴訟訴状によると、加藤前支局長はまず、出国禁止は韓国の出入国管理法で「必要最小限の範囲でなければならない」「公務を遂行する便宜のためや、行政制裁を加える目的で行ってはならない」などと定められていると指摘。

自らが問われている情報通信網法違反(名誉毀損)の場合、出国禁止の延長が繰り返されるほどの重罪とはいえないと主張した。

 また、(1)証拠はすべて確保されており、証拠隠滅を懸念する必要はない(2)今回の在宅起訴は国際的な関心事で、公判には誠実に出席する-などと強調。昨年10月1日付で東京本社社会部編集委員への異動も決まっており、日本に帰国できない状況が続くと、職務への影響だけでなく、経済的負担とともに「家族の精神的苦痛も甚大だ」とした。

 その上で、出国禁止は基本的人権を制限する処分であり、必要最小限の範囲でなければならないにもかかわらず、黄法相が1月に延長したのは裁量権の逸脱・乱用に当たるとして、取り消しを求めた。

 加藤前支局長の弁護人はこれまで、昨年9月30日付でソウル中央地検に出国禁止解除要請書を、10月15日付でソウル中央地裁に出国許可申請書をそれぞれ提出。今年1月9日にも、黄法相やソウル中央地検トップの金秀南(キム・スナム)検事長、ソウル中央地裁刑事部に、出国禁止措置を速やかに解除するよう文書で求めた。

しかし黄法相はソウル中央地検の要請を受け、1月16日から3カ月間の出国禁止の延長を認めていた。

 加藤前支局長に対する4回目の公判は23日、ソウル中央地裁で行われる。
                   ◇
■「当局に適切な判断を期待」

 加藤達也前ソウル支局長「昨年8月に私に対する出国禁止措置がとられて以来、半年が経過しようとしている。この間、私はソウル支局長から東京本社編集局社会部編集委員に人事異動になった。

だが、出国が禁止されているため、日本国内における本来の取材活動ができず、実に不本意である。私は韓国の司法手続きに従って公判に出席してきた。無論、逃亡したり証拠を隠滅したりする可能性はなく、今後も公判には確実に出席する。

このことはこれまで弁護士を通じて何度も当局に説明し、措置の解除を求めてきた。しかし、いまだに出国は許されていない。措置の速やかな解除を求めるべく、このたび提訴に踏み切った。当局の適切な判断を期待する」
                  ◇
■「重大な人権侵害」

 産経新聞社広報部「韓国当局が加藤達也前ソウル支局長の出国禁止措置を長期にわたって継続しているが、合理的理由は見当たらない。出国禁止は言論、表現、報道の自由を侵害しているだけでなく、加藤前支局長に対する重大な人権侵害と言わざるをえない。この理不尽な措置に対して、産経新聞社は改めて抗議するとともに、提訴を決断した加藤前支局長を全面的に支える」

前ソウル支局長が出国禁止取り消し求め提訴

産経新聞 7時55分

 

産経前支局長が出国停止処分の取消を求め提訴写真

WoW!Korea 6日(金)22時51分

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
富田選手の公判

カメラ窃盗事件 「犯行現場の防犯カメラ映像」公開されず 2月2日(月)17時56分 FNN映像ニュース 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
セウォル号関係

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

韓国のミサイル配備関連

韓国のミサイル防衛システム配備に中国が反対、韓国は米中の板挟み回避のため外交力が求められる―韓国紙写真

Record China 6日(金)22時58分

  終りまでお読みいただき、ありがとうございました

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇