ネットビジネス情報は海原の波

毎日、沢山の情報が生まれ消えています。どんな情報がいいのか?

ノーベル平和賞 マララさんの声(スピーチ)を探る 2

ノーベル平和賞 マララさんの声(スピーチ)を探る 2

 

こんにちは。

 

マララさんのフルネームは、マララ・ユサフザイです。

誕生日は1997年7月12日。お父さんの名は
アウディン・ユサフザイです。
 
女子学校を経営しているということなので、教育的な
環境で育ったようです。

2009年 11歳の時に、住んでいるパキスタン
スワート渓谷の惨状をブログで発信し始めました。
 
2012年10月9日に地域を支配しているTTPに銃撃されて
被弾しました。(14歳)、ラワルピンディーの病院から
 
イギリスのバーミンガムに移されて治療を受け、
奇跡的に回復しました。

2013年7月には国連本部で演説しました。
10月欧州議会のサハロフ賞を受賞。

お父さんのアウディン・ユサフザイさんの言葉ですが、
タリバンが娘を早く成長させてしまった」ということです。
 
14~15歳で自分の命のことを口にする娘は
教育外、または想定外ということなんでしょうか。
 
安全性の違う社会ではもっと別の意味かもしれませんが。
 
◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆
 
マララさんの声(スピーチ) 
 
2012年2月
 
「将来は国家を正しい道に導き、国民に正直で、
  国民の痛みがわかる指導者になりたい」。
 
 「(女性の教育の権利という)当たり前のことをいって何が悪いの?」
 
「教科書を服の下に隠して通学した」
 
★「タリバンは私がブログを書いていたと知っていたけど、
  自分のことよりも脅迫を受けていたお父さんのことが心配だった」
 
2013年7月 国連本部で
★「一人の子供、一人の先生、一冊の本、
  一本のペンが世界を変えられる」
 
◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆
 

以下の記事を参照にしました。

 

ノーベル平和賞 マララさん、強い意志で女子教育の重要さ訴え

産経新聞 10月11日(土)7時55分配信

 

 「将来は国家を正しい道に導き、国民に正直で、国民の痛みがわかる指導者になりたい」。ノーベル平和賞受賞が決まったパキスタンのマララ・ユスフザイさん(17)は、2012年2月に取材した時、大きな目を輝かせてこう語った。

 

女子教育や女性の権利の重要さを熱く訴える姿は14歳(当時)とは思えないほど大人び、何事にも屈しない意志の強さを秘めていた。

 マララさんは北西部スワト地区ミンゴラで生まれた。名前は、1880年の第2次アフガン戦争でアフガンを英国との勝利に導いた英雄としてたたえられているパシュトゥン人女性「マラライ」にちなんで父親がつけた。

 人権活動家で女子学校を設立し、校長を務める父親のジアウディンさんは、小さい頃からマララさんに本を与え、政治についても議論を戦わせた。

 マララさんが「(女性の教育の権利という)当たり前のことをいって何が悪いの?」と、毅然(きぜん)と言えるのも父親の教育方針の影響が大きい。


 スワト地区ではタリバンによって女生徒の通学は禁止され多くの学校が爆破された。処刑した住民の遺体は屋外に放置され、人々に恐怖感を与えた。こうした状況下にもかかわらず、マララさんは「教科書を服の下に隠して通学した」という。

 

そこまでするのも「学校で勉強して、友達と会うことが楽しいから」とかわいらしい表情で語っていた。


 マララさんは08年ごろから、父親と一緒に公の場で女子教育の重要性を訴え始めた。09年1月からは4カ月間、英BBC放送の匿名ブログで教育の機会を奪うタリバンを告発した。

 マララさんによると、当初、父親は20代の女性教師にブログの執筆を依頼したが、タリバンに命を狙われることを恐れた教師が辞退。ほかの教師らも躊躇(ちゅうちょ)するなか、マララさんが担当することになったという。

 「タリバンは私がブログを書いていたと知っていたけど、自分のことよりも脅迫を受けていたお父さんのことが心配だった」

 取材時、女子教育の提唱者としてすでに国内外から注目を集めていたマララさん。父親は「タリバンが娘を早く成長させてしまった」と語り、悲しげな目を娘に向けていた。

 13年7月、マララさんが国連本部で行った演説は胸を打つものだった。

 「一人の子供、一人の先生、一冊の本、一本のペンが世界を変えられる」

 マララさんへのノーベル平和賞授与は、教育を求める世界中の女の子たちへのエールになるだろう。(田北真樹子)

    (ヤフーニュース 国際総合からです)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ニュースの中に国連本部で行った演説、というのがありますが、
 
以下からyoutubeでご覧いただけます。おすすめします。
 
 
 
国連演説・マララ.jpg
 
 マララさんの国連本部でのスピーチ youtube
 
https://www.youtube.com/watch?v=iak1X8VedW0
 
  終りまでお読みいただき、ありがとうございました。
  -------------------