ネットビジネス情報は海原の波

毎日、沢山の情報が生まれ消えています。どんな情報がいいのか?

ウクライナ政府と親露派、緩衝地帯設定などの停戦行動計画に合意

ウクライナ政府と親露派、緩衝地帯設定などの停戦行動計画に合意

AFP=時事 9月21日(日)15時19分配信

【AFP=時事】

ウクライナ東部の戦闘終結を目指して19日からベラルーシの首都ミンスク(Minsk)で直接交渉していたウクライナ政府と親露派は20日未明、緩衝地帯の設置や欧州安保協力機構(Organization for Security and Cooperation in Europe、OSCE)による停戦監視を柱とする9項目の行動計画に合意した。

新たなウクライナ和平交渉、ベラルーシの首都ミンスクで始まる

 行動計画によると、ウクライナ政府軍と親露派は21日未明までに撤退し、ウクライナの主要工業地帯でロシア語圏の同国東部をウクライナの残りの地域から分断している前線に沿って緩衝地帯を設け、OSCEが停戦監視団を配置する。

また「外国の武装集団」や雇い兵も紛争地帯から全面撤退することになっている。

 今回の合意は、ウクライナ政府と親露派が今月5日に合意しロシア政府も支持している停戦の維持に向けた取り組みを具体的に規定している。

 

ウクライナペトロ・ポロシェンコ(Petro Poroshenko)大統領は、この5か月間に3000人近くが死亡し、国の存続を脅かしている親露派との戦闘を終結させる道筋を模索していた。

 こうした中、北大西洋条約機構NATO欧州連合軍のフィリップ・ブリードラブ(Philip Breedlove)最高司令官は20日、NATOの会合が開かれたリトアニアで、ウクライナ政府軍と親露派の衝突が続いているのは2週間前の停戦合意が

 

「名ばかり」であることの裏付けだと述べ、ロシアが欧米諸国との関係を深めようとしているウクライナの分断を狙って自国の兵士を親露派に関与させていると非難。

「(停戦合意は)名目上存在するが、現場では全く別のことが起きている」と述べた。

 その上でブリードラブ氏は、ミンスクでのウクライナ政府と親露派の交渉に言及し、「双方が新たな停戦実現に向けて合意できると心から期待し、願っている」と交渉の成果に期待感も示していた。

 また、OSCE議長国スイスのディディエ・ブルカルテル(Didier Burkhalter)大統領は、「停戦を持続可能なものとする重要な一歩であり、危機の平和的な解決に向けた努力への大きな貢献」だとして、ミンスクでの交渉を歓迎した。

 しかし、親露派の支配地域であるウクライナ東部ドネツク(Donetsk)市当局者がAFPに語ったところによると、同市郊外にある旧ソ連時代の軍需工場が20日、9項目の行動計画が合意された数時間後に何者かによって数回砲撃されており、停戦が順守されるかどうかは不安視されている。【翻訳編集】 AFPBB News

-------------------------------------------------------------

ウクライナ東部で工場爆発=親ロ派はミサイル説主張

時事通信 9月21日(日)16時21分配信

 【モスクワ時事】ウクライナ東部の中心都市ドネツクで20日、親ロシア派が占拠する工場で複数回の大規模な爆発があった。地元メディアが伝えた。内務省高官は「親ロ派が爆発物を製造中に誤爆させ、武器庫で誘爆が起きた」との見方を示した。
 一方、親ロ派は「爆薬工場にウクライナ軍がミサイル攻撃を仕掛けた」と主張した。被害は甚大だが、死者はいないという。

      (ヤフーニュース 国際総合からです)

--------------------------------------------------

かわいらしい画像です。

けいおん!  平沢唯





商品名 : けいおん! ねんどろいど 平沢唯

   終りまでお読みいただき、ありがとうございました。

   -------------------------------------