ネットビジネス情報は海原の波

毎日、沢山の情報が生まれ消えています。どんな情報がいいのか?

オバマ政権、ウクライナに追加支援 武器供与はせず

オバマ政権ウクライナに追加支援 武器供与はせず

CNN.co.jp 9月19日(金)14時35分配信

 

ワシントン(CNN) オバマ米大統領は18日、訪米中のウクライナのポロシェンコ大統領とホワイトハウスで会談した。

同日、米政府はウクライナ軍に対する4600万ドル(約50億円)規模の支援を表明。だがウクライナ側の求めていた武器供与には応じなかった。

ポロシェンコ大統領はこの日、米議会で演説。その後、ケリー米国務長官オバマ大統領との会談に臨んだ。このなかでポロシェンコ大統領は、親ロシア派武装勢力と戦闘を続けているウクライナ軍への武器供与を繰り返し求めた。

米議会でポロシェンコ大統領は、通訳を介さず、英語で演説。「ウクライナ軍の装備は不足している。殺傷能力のある装備もそうでない装備も」と訴えるとともに「毛布では戦争を勝てない」と武器供与を求めた。

またポロシェンコ大統領は、ウクライナ北大西洋条約機構NATO)加盟国並みの「特別な同盟国としての地位」を与えるよう求めた。

オバマ大統領との会談後、ポロシェンコ大統領はCNNの取材に対し、「こちらが求めた以上のものを受け取った」と述べる一方で、米国の支援策に「十分に満足してはいない」と述べた。

ポロシェンコ大統領はまた、特別な同盟国としての立場をウクライナに与えることに、オバマ大統領が同意しなかったことを認めた。

オバマ政権は親ロシア派を支援しているとされるロシアへの経済制裁に加え、ウクライナへの積極支援の姿勢を見せることで和平への道筋をつけたい考えだ。

だが米議会からは、武器供与などさらに踏み込んだ支援を求める声が上がっている。上院外交委員会は18日、軍事援助を含む3億5000万ドル(約380億円)の追加支援策を全会一致で採択した。

  (ヤフーニュース 国際総合からです)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんにちは。

ウクライナ側はアメリカに対して武器の

支援を求めているようですが、ロシアの武力の

脅威がまだ続いているということでしょう。

その武力の脅威は質量ともにロシアの方が

圧倒的に優位なのが現状でしょう。

 

またウクライナ国内の経済建設なども停滞または

後退しているかもしれません。

経済建設をするには、隣が超大国なので武力を

基礎にした緊張的な安定を確保する必要が

あるのかもしれません。

 

武器の支援をアメリカに要請する背景は

広い範囲で理解されるような気がします。

 

  終りまでお読みいただき、ありがとうございました。

   --------------------