ネットビジネス情報は海原の波

毎日、沢山の情報が生まれ消えています。どんな情報がいいのか?

ウクライナ大統領、米議会で演説「ロシアは世界の脅威」

ウクライナ大統領、米議会で演説「ロシアは世界の脅威」

AFP=時事 9月19日(金)10時49分配信

【AFP=時事】訪米中のペトロ・ポロシェンコ(Petro Poroshenko)ウクライナ大統領は18日、上下両院合同会議で演説し、ロシアが世界の安全を脅かしていると訴えた。

 

ポロシェンコ大統領は同日、バラク・オバマBarack Obama)米大統領と会談を行うことになっているが、会談に象徴的な意味はあるにせよ、ウクライナが望む米国による安全保障の確約は取り付けられないとみられる。

ウクライナ、EUとの連合協定を批准 EU加盟に道

 過去にはウィンストン・チャーチル(Winston Churchill)元英首相やネルソン・マンデラ(Nelson Mandela)元南アフリカ大統領、シャルル・ドゴール(Charles de Gaulle)元仏大統領らも演壇に立った両院合同会議の場でポロシェンコ氏は、ロシアの脅威が拡大しつつあると警告した。

 ポロシェンコ氏は、ロシアが後押しする代理戦争とウクライナ東部のクリミア(Crimea)半島に端を発した過激派の動きを封じ込めなければならないと呼び掛け、「もし今阻止しなければ、欧州諸国の国境を超え、世界中に広がるだろう」と指摘した。

 演説の途中で何度もスタンディングオベーションを受けたポロシェンコ氏は、北大西洋条約機構NATO)に対してウクライナの防衛を強化するためウクライナに特別な地位を与えるよう求めた。

 ある米政府高官によると、米国はウクライナに対し、主に軍や国境警備隊に対する殺傷力のない装備の提供など4600万ドル(約50億円)相当の追加支援を行う見込みだという。

 

その一方で米国は、NATO非加盟のウクライナに加盟国同様の地位が与えられればロシアは挑発と受け取るだろうという配慮から、それに向けた働き掛けは行わないものとみられる。

 またオバマ政権は、ウクライナに武器を供与してもロシアとの力関係に変化は生まれないという判断に基づき、ウクライナの軍事力強化のため武器を提供すべきという米議会の求めには応じないと予想されている。【翻訳編集】 AFPBB News

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

クリミア境界にロシア軍4000人=ウクライナへの圧力強化か

時事通信 9月18日(木)20時45分配信

 【モスクワ時事】ウクライナ国家安全保障・国防会議のルイセンコ報道官は18日、ロシアが、3月に編入した南部クリミア半島ウクライナ本土の境界付近に、ロシア軍部隊4000人を集結させたと明らかにした。

 ウクライナは8月下旬、東部の国境からロシア軍が侵攻したと主張。報道官の情報が事実なら、ロシアは9月5日の停戦合意後、東部だけでなくクリミアと接する南部境界でも軍事圧力を一層強化していることになる。

    (ヤフーニュース 国際総合からです)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー