ネットビジネス情報は海原の波

毎日、沢山の情報が生まれ消えています。どんな情報がいいのか?

ウクライナで墜落のMH17便「多数の高速物体が衝突」報告書

ウクライナで墜落のMH17便「多数の高速物体が衝突」報告書

AFP=時事 9月9日(火)18時49分配信

【AFP=時事】親ロシア派が掌握するウクライナ東部に7月に墜落したマレーシア航空(Malaysia Airlines)MH17便について、オランダ当局は8日に報告書を発表し、高速移動する多数の物体が飛行中の同便に衝突した後、機体が空中分解したとの見解を示した。

マレーシア機墜落、調査団がようやく現場入り

 MH17便の墜落では乗客乗員298人が死亡し、うち193人はオランダ人だった。

 

オランダ当局が公表した予備報告書は「マレーシア航空が運航していたMH17便は…外部から多数の高エネルギー物体が機体を貫いたことで構造的な損傷を受けた結果、空中分解したと思われる」と述べている。

 

多数の高速の物体が衝突したとすれば「記録装置のデータ記録が突然終わり、同時に管制塔との通信が途絶え、レーダーから機影が消えたことが説明できる」という。

 MH17便の墜落から2か月が経過して発表された34ページの報告書は、また同便がアムステルダムから離陸したときには安全に飛行可能な状態で、さらに「適格で経験豊富な乗務員」たちが搭乗していたとし、技術的な問題は無かったと述べている。【翻訳編集】 AFPBB News

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

マレーシア機撃墜「多数の物体貫通し空中分解」

朝日新聞デジタル 9月9日(火)21時9分配信

 マレーシア航空機撃墜事件の分析を進めていたオランダ安全委員会は9日、「大きなエネルギーを持つ多数の物体」が機体を貫通し、空中分解を引き起こした可能性が高いとする暫定報告書を発表した。

 

操縦や機器の問題を示す記録はないとした。2015年7月に最終報告をまとめる。

 事件が起きたウクライナ東部では当時、親ロシア派がウクライナ当局と戦闘を重ねており、地対空ミサイル「BUK(ブーク)」が使われたとみられてきた。標的の近くで爆発し、内部に込められた多数の榴弾(りゅうだん)を撃ち込む特徴がある。今回の報告はBUKを思わせる内容だ。

 報告書は、事故をめぐる状況について、機体の残骸が広範囲に散乱し、多数の小さな穴が開いている▽飛行データが午後4時20分3秒で突如、途絶▽航空管制との通信が失われるのと同時に機影がレーダーから消えた――などと列挙。

 

操縦室の音声記録には「技術的な問題や緊急事態を示すやりとりや警告音はない」とし、機器のデータも「通常飛行だった」とした。

(ヤフーニュース 国際総合からです)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー