ネットビジネス情報は海原の波

毎日、沢山の情報が生まれ消えています。どんな情報がいいのか?

20世紀の露土戦争 クリミア半島や黒海の、おっとり話【7】

20世紀の露土戦争 クリミア半島黒海の、おっとり話【7】

こんにちは。

5月5日、ゴールデンウィークも終わりなのですが、
前線が通過して雨模様ですね。
------------------------------------------

タタール指導者の帰還要求=検問所に5000人集結―クリミア

時事通信 5月4日(日)6時17分配信


 【モスクワ時事】ロシアが編入したウクライナ南部クリミア半島
少数先住民族タタール人約5000人が3日、指導者ジェミレフ氏の
帰還を支援するため、ウクライナ本土との検問所に集結し、
ロシア治安部隊とにらみ合いになった。現地メディアが伝えた。

 ウクライナ最高会議(議会)議員のジェミレフ氏は暫定政権に近く、
3月のロシア編入に反発したタタール人の精神的支柱。

2014年のノーベル平和賞候補に推す声もある。4月22日にクリミアへ
帰還しようとした際、5年間の「入国禁止」処分を受けた。

  (ヤフーニュース 国際からです)
--------------------------------------------

ロシア帝国オスマン帝国の12番目の出会いは
1914年~1918年の第一次世界大戦です。

第一次世界大戦の前にバルカン半島では
1912年~1913年にバルカン戦争がありました。

ロシア帝国を後ろ盾にバルカン諸国がオスマン帝国
戦争して、オスマン側は、バルカン地域のほとんどの
領土を放棄することになりました。

第一次世界大戦は、1914年に起きたサラエボ事件
発端としてはじまりました。

オーストリア・ハンガリー帝国のフランツ・フェルディナント
皇太子夫妻が帝国の領土であったサラエボで暗殺されました。
これがサラエボ事件です。

父親のフランツ・ヨーゼフ1世は、暗殺したのがセルビア
だったので、オーストリア・ハンガリー帝国セルビア
宣戦布告したのですが、簡単には勝利できませんでした。

オーストリア側にはドイツ帝国ブルガリアオスマン帝国
参戦し、中央同盟国とよばれました。

セルビア側にはロシアが参戦したのですが、ロシアとフランスが
同盟を結んでいたので、連合国軍と呼ばれました。

ドイツはフランスを攻撃する目的でベルギーを通過したのですが、
これが理由でイギリスが連合国側につき、イギリスの植民地の
国々も連合国に参戦しました。

日本は日英同盟に基いて連合国側に参加しました。
こうした状態で戦争が始まったのですが、第一次世界大戦です。

ロシアとオスマン露土戦争は、世界大戦の一部であり、
黒海東岸地域が戦場になりました。コーカサス戦線とも呼ばれるようです。

ヨーロッパでは、ポーランド地域がロシア軍とドイツ軍の
戦場(東部戦線)となり、フランス側ではドイツ軍がスイスからベルギー
至る長い塹壕作戦(西部戦線)によって膠着状態になりました。

1916年にオーストリア・ハンガリー帝国のフランツ・ヨーゼフ1世が
死亡し、カール1世が後を継ぎました。

ロシア帝国軍はアナトリア半島東部のエルズルムを攻撃しました。

1917年にロシア革命が起こって、ロシア帝国が崩壊すると、
ロシア軍は撤退し、オスマン側はアナトリアまで進軍しました。
これが最後の露土戦争となりました。

1917年には、アメリカが連合国側について西部戦線に参戦しました。
1918年にはドイツ革命が起こり、ドイツ帝国が消滅しました。

この年に、オーストリア・ハンガリー帝国のカール1世が国外へ亡命し、
この帝国も消滅しました。700年以上続いたハプスブルグ家が
終わったわけです。

次々と帝国が崩壊して、1919年パリでベルサイユ条約
敗戦国ドイツと連合国側の各国で結ばれました。

この年、オーストリアと連合国側でサン・ジェルマン条約が結ばれ、
ブルガリア王国とはヌイイ条約が結ばれました。

1920年連合国とオスマン帝国の間でセーヴル条約が結ばれ、
アナトリア半島以外の領地をほとんど失いました。

戦後になりますが、1922年にオスマン帝国も崩壊しました。
----------------------------------------------------
クリミア半島の状況

1917年、ロシア帝国が崩壊した後の混乱期、クリミア半島は、
短期的ですが、ドイツ帝国軍がクリミア半島を占領しました。

この時は、クリミア・タタール人の政府を作りました。

1918年にドイツ軍が撤退した後は、ロシアの白軍の拠点となりました。
敗北後はイスタンブールへ逃走しました。

1921年にはソビエト連邦の一部になり、1930年代にタタール人、
ギリシア人などは土地を奪われ、コルホーズが作られました。
-------------------------------------------------------

この時期の日本のロシアとの関連としては、シベリア出兵があります。

捕虜になってシベリアに抑留されているチェコスロバキア軍の
保護という名目で、連合国側がシベリアの出兵を計画し、
アメリカが出兵を決定しました。

その経過から日本もシベリアへの出兵を決定しました。
1918年の夏に連合国側はウラジオストックへ上陸したのですが、

この年の秋にドイツが停戦協定を結んで、目的が無くなり、他の国の軍は
早く撤退しまし。日本軍が撤退したの1922年です。


  終わりまでお読みいただき、ありがとうございました。
   --------------------------------------------