ネットビジネス情報は海原の波

毎日、沢山の情報が生まれ消えています。どんな情報がいいのか?

ロシアの「女スパイ」拘束(最近話題の美人たち1)

ロシアの「女スパイ」拘束=ウクライナ南東部でデモ扇動
 時事通信 4月10日(木)5時51分配信


【モスクワ時事】治安機関のウクライナ保安局(SBU)は9日、

親ロシア派デモが続く南東部の情勢悪化工作に関与したとして、
ロシア人の女を8日拘束したと発表した。

拳銃を所持していたとされ、地元メディアは
 「ロシアの女スパイ」と大きく伝えた。  

SBUなどによると、拘束されたのはロシアから来た
マリア・コレダ容疑者(22)。

クリミア半島に隣接する南部ヘルソン州に4日到着し、
5日から親ロシア派活動家と接触を持った。

武器を提供したほか、デモ隊を東部ドネツクに送り込み、
8日に本国の「上司」に報告したという。
 
  (ヤフーニュース 国際からです。以下にウクライナ東部の情報があります)

-----------------------------------
ウクライナ東部で庁舎占拠の解除めぐり交渉、50人以上が退去

ロイター 4月9日(水)16時23分配信

[ルガンスク(ウクライナ) 9日 ロイター]  ウクライナ保安庁(SBU)によると、
東部ルガンスクで 親ロシア派デモ隊が占拠していた保安当局の庁舎をめぐり、

当局がデモ隊と交渉を行い、この結果50人以上が庁舎を立ち退いた。
SBUは8日、6日に同庁舎を占拠したデモ隊が爆発物を仕掛け、

60人の人質を取ったと明らかにしていたが、 デモ隊はこれを否定していた。
首都キエフのSBUは、当局とデモ隊の交渉は8日夜に行われ、

その後、51人が同庁舎を立ち退いたとしたが、
これがデモ隊なのか人質なのかは明らかではない。

インタファクス・ウクライナ通信は、56人が庁舎を立ち去り、
当局とデモ隊との交渉が続いていると報じた。

ウクライナ東部ではルガンスクのほかの複数の都市でも、
独立の是非を問う住民投票の実施を求めるデモ隊が

府庁舎などを占拠する事態となっている。

主要都市ドネツクでは、デモ隊が当局の庁舎を占拠し続けている。
ハルキウではウクライナ当局がデモ隊を強制排除した。
 
  (ヤフーニュース 国際からです)

-------------------------------------
現在、女スパイの写真は見つかりませんでした。

今のところ美人かどうかは分かりませんが、
楽しみにしていてください。
 
  終わりまでお読みいただき、ありがとうございました。
--------------------------------------------------------