ネットビジネス情報は海原の波

毎日、沢山の情報が生まれ消えています。どんな情報がいいのか?

和佐大輔と原田翔太の「リストビルディング大百科」

和佐大輔と原田翔太の「リストビルディング大百科」

今回は、ネットビジネスを学ぶ時の優良教材をお知らせします。

和佐大輔と原田翔太の「リストビルディング大百科」

和佐大輔さんは下記「ネットビジネス大百科」の作者の一人です。 このページの下段もあわせてお読み下さい。

その和佐さんの見解なのですが、 ビジネスをやるということは、当たり前すぎて、 忘れてしまっているかもしれませんが、

自分自身も、お客さんも、社員や取引先も、 そのビジネスに関わる全ての人間に 利益を還元するということです。

自分だけが儲かればいいわけでも、 いい商品を作ればいいだけでもありません。

別にキレイ事を言うつもりはありませんが、 誰かが不幸になる関係は長くは続かないものです。

   詳しくはこちらから         ⇒ 和佐大輔と原田翔太の「リストビルディング大百科」 そして、“他人を巻き込み幸せにすることで、 自分が1番儲けるための”ビジネスを構築したいなら、 最終目標を「新たな文化の創造」とする必要があります。

「何かを売る」ということは、「売った」という 現象以上の意味合いを持ちます。 商品を買った人の生活に 「それ」という「文化」を浸透させるということです。

そう、マーケティングには、 「文化創り」という側面があるのですね。

   ご確認、お申込みはこちらから         ⇒ 和佐大輔と原田翔太の「リストビルディング大百科」 ----------------------------------- 和佐大輔と木坂健宣の「ネットビジネス大百科」

「ネットビジネス大百科」は、既に多くの成功者が学び、優良教材として広く評価されているので、ご存知の方も多いと思います。

  詳しくはこちらから        ⇒ 和佐大輔と木坂健宣の「ネットビジネス大百科」

マーケティングが出来ない人がマーケティングの商材を売り、 コピーライティングが出来ない人がコピーライティングの商材を売り、

 

小銭しか稼げない人が金儲けの商材を売っている。

挙句の果てに他人のレポートやメルマガ、商材を

パクって 自分の商材として売っている人までいる。

返金保証すらつけない。

 

稼げないのは「あなたが行動しないから」と、

購入者のせいにする。

 

こんなネットビジネス界の状況を 和佐大輔さんと木坂健宣さんが、

うれい、嘆いて、手がけた 力作が「ネットビジネス大百科」です。

 

色々な情報に迷っているならこれで学びましょう。

 

   ご確認、お申込みはこちらから

          ⇒ 和佐大輔と木坂健宣の「ネットビジネス大科」

 

   最後までお読みいただき、ありがとうございました。