ネットビジネス情報は海原の波

毎日、沢山の情報が生まれ消えています。どんな情報がいいのか?

エジプトの新政権

こんにちわ。

朝が涼しい感じが少し続いています。昼間の暑さも少し楽ですね。

オホーツク高気圧が強いのでしょうか。太平洋高気圧がエネルギーを溜めているときなのでしょうか。

エジプトの新政府についてのニュースがありました。一部をそのまま記載します。

 

朝日新聞デジタル 7月17日(水)1時18分配信
.エジプト暫定内閣が発足 外相は元駐日大使のファハミ氏

 【カイロ=北川学】イスラム系のムルシ前政権がクーデターで崩壊したエジプトで、ベブラウィ首相を首班とする暫定内閣が16日、発足した。

閣僚は世俗・リベラル派から登用され、イスラム色は排除された。新閣僚は同日、マンスール暫定大統領に就任宣誓した。

 ただ、ムルシ氏復職を求めるイスラム政治組織ムスリム同胞団などの反発は必至で、情勢の安定につながるかは予断を許さない。

--------------------------------------------
.<エジプト>国防相が副首相兼任 暫定内閣が発足
毎日新聞 7月17日(水)1時8分配信 エジプト暫定内閣=AP


 【カイロ秋山信一】軍事クーデターでモルシ前大統領が解任されたエジプトで、ベブラウィ暫定首相は16日、組閣人事を終え、閣僚らの就任宣誓式が開かれた。

クーデターを主導したシシ国防相が副首相を兼任。クーデターに協力したイブラヒム内相も留任した。外相には元駐米・駐日大使のファハミ氏が起用された。

専門家の起用が多く、暫定内閣は軍や治安機関に配慮しつつ、実務を優先した構成となった。

【軍とモルシ派、衝突の引き金は謎の集団】双方銃撃 複数の目撃証言

--------------------------------------
ずっと昔、ナイル川沿いに旅行をしたことがあるだけなのですが、ピラミッドなどは印象に残っています。その頃よりは、観光も盛んになり、無事に観光ができるのかなという感覚でエジプトの情勢に注意していました。


エジプトの経済情報などを見ていますと、経済状態も厳しいようです。ヨーロッパ経済の影響を受けやすいのかもしれません。新政権によって、まず日常の状態が安定すると、観光客も戻ってくるのではないかと思います。せっかくの旅行ですから、安全に観光できるといいですね。
------------------------------------------
   終わりまでお読みいただき、ありがとうございました。