ネットビジネス情報は海原の波

毎日、沢山の情報が生まれ消えています。どんな情報がいいのか?

ニュース・時事

中国海軍の艦艇が南シナ海で海上パレード

中国海軍の艦艇が南シナ海で海上パレード 南シナ海で中国が中国史上最大の海上軍事パレードを行いました。習近平国家主席が出席し、空母「遼寧」を含む48隻の艦艇が参加したということです。戦闘機の「殲15」が76機参加。南シナ海を国土と主張する背景の軍…

一帯一路は取り分け独裁政権が好きみたい

一帯一路は取り分け独裁政権が好きみたい 以下の記事には中国が唱える一帯一路の本質が鋭く記述されています。記事の筆者は長谷川良氏です。記事の配信日は1ヶ月と少し遡って3月9日です。「アフリカは第2の中国」という表現があります。不正腐敗がアフリ…

「一帯一路」今度はマレーシア社会が混沌2

「一帯一路」今度はマレーシア社会が混沌2 このニュースは整理できない状態なのです。このブログの能力を超えていることも事実なのですが、ナジブ首相があまりにも中国人民元にべったりで、そのお金の一部はナジブ一族のアメリカでの爆買に使われていると噂…

「一帯一路」今度はマレーシア社会が混沌1

「一帯一路」今度はマレーシア社会が混沌1 「一帯一路」の言葉があるニュースがありました。今度はマレーシアです。中国が大好きなインフラ整備のお話ではあるのですが根が深そうです。マレーシアの状態が今論じられるのは5月投票の総選挙があるからです。…

マララさん故郷はあれやこれやの原点みたい

マララさん故郷はあれやこれやの原点みたい マララさんが母国パキスタンに帰国し、ふるさとのスワート渓谷も訪問しました。パキスタン政府と軍がマララさんの帰国、パキスタン内の行動を支援したということです。故郷では旧知の人々に会えてマララさんは感動…

巨額経済協力から1年半フィリピン内の動静は

巨額経済協力から1年半フィリピン内の動静は 南沙諸島内の人工島についてフィリピン国内の様子をまとめたニュースがありました。1年半ほど前に中国が経済援助するとしたインフラ整備は何も始まっていないということです。中国の人工島の建設に安全保障上の懸…

ウイグルの収容所の悲惨な実情

<div><div><div><span face="メイリオ, Hiragino Kaku Gothic Pro, Meiryo, ヒラギノ角ゴ Pro W3, MS PGothic, MS UI Gothic, Helvetica, Arial, sans-serif" style="font-family: メイリオ, 'Hiragino Kaku Gothic Pro', Meiryo, 'ヒラギノ角ゴ Pro W3', 'MS PGothic', 'MS UI Gothic', Helvetica, Arial, sans-serif;"></span></div></div></div>

北京は雷つき百花繚乱、横目でチラリが無難

北京の雷つき百花繚乱は横目でチラリだけ 以下の記事は「世界が任期を廃止した習近平国家主席の中国をあきらめる時」ということなんです。メディアはニューズウイークです。なんだか前ページの「台湾旅行法」を含んでいるようなお話です。正確に読むと世界中…

一帯一路がまたインド洋で、今度は艦隊付きか

一帯一路がまたインド洋で、今度は艦隊就きか 2月に入ってモルディブは非常事態が宣言されました。モルディブの最高裁が野党政治家の有罪判決を破棄したのですが、ヤミーン大統領は非常事態を宣言して最高裁判事らを拘束し、判決破棄を取り消しました。ヤミ…

「一帯一路」の歌い文句に潜む高金利の魔術

<div><div><strong style="font-size: 18.6667px;"><span style="font-size: 14pt; color: #000000;"><span style="font-family: メイリオ, 'Hiragino Kaku Gothic Pro', Meiryo, 'ヒラギノ角ゴ Pro W3', 'MS PGothic', 'MS UI Gothic', Helvetica, Arial, sans-serif;">「一帯一路」の歌い文句に潜む高金利の魔術</span></span></strong></div><div></div></div>

日本からの陸への支援応援

日本からの陸への支援応援 今回のページは日本からの陸の支援応援ということになりますが、2つとも2月に配信されたニュースです。フィリピンのマニラ大都市圏を走る高架鉄道の問題でフィリピン政府から協力の要請があったということです。マニラの高架鉄道MR…

日本からの空や海への支援応援

日本からの空や海への支援応援 日本の海上自衛隊がフィリピン海軍に譲渡したTC90練習機を初運用したということです。南シナ海のスカボロー礁(中国名・黄岩島)の偵察を行ったようです。ルソン島の200km西にあります。偵察飛行をしたスカボロー礁には中…

ウイグルにはあっちにもこっちにも収容所

ウイグルにはあっちにもこっちにも収容所 前々ページの記事ではチベット亡命政権のロブサン・センゲ首相がウイグル自治区でされている弾圧の方法はチベット自治区で生まれ、実行されたものということでした。以下の記事では、筆者の水谷尚子氏は習近平国家主…

夢は皇帝みたい、皆だから民族性だ

夢は皇帝みたい、皆だから民族性だ 中国の国家主席の任期を廃止するということです。いつまでも、ずーと国家主席の地位に就いていられることになります。まさかですが、時代を遡るような、封建時代へ向かうように見えないこともありません。中国共産党中央委…

イシグロ氏の長崎への特別な気持ちはこれみたい

イシグロ氏の長崎への特別な気持ちはこれみたい 前ページに続いてカズオ・イシグロ氏に関するニュースですが、2月14日配信のものです。カズオ・イシグロ氏が田上富久長崎市長へ返信した手紙に「長崎と聞くだけで特別な気持ちに包まれます」と書かれています…

イシグロ氏スピーチは著作模様の精密描写が連発

イシグロ氏スピーチは著作模様の精密描写が連発 ノーベル文学賞のカズオ・イシグロ氏が行った受賞記念スピーチの全文がありました。イギリスでの暮らしや成長の過程などの部分もかなりあります。作家になるまで、そしてその後の作家活動も述べられています。…

今度は空軍と空軍がにらみ合い

今度は空軍と空軍がにらみ合い 前3ページがチベット関係でしたが、今回もチベット分野のニュースです。細かく言うとブータン国境地域になります。中国軍とインド軍が夏ににらみ合いをしていた「ドクラム高地」が中心になっているようです。ドクラム高地の近…

勇敢に自由への闘いをする日本女性2人

勇敢に自由への闘いをする日本女性2人 前ページに続いてチベットのお話です。十分に著名な人がチベットの本を書いたようです。以下にその本の前書きがあります。歯切れのいい文が掲載されています。このブログの文に飽きた人はこの人の本を読んでみましょう…

チベットの歴史的、宗教的に最重要な寺が火災

チベットの歴史的、宗教的に最重要な寺が火災 チベット仏教の最も重要なお寺が火災にあったようです。ユネスコの世界遺産「ラサのポタラ宮歴史地区」に含まれているトゥルナン寺(ジョカン 寺、大昭寺)です。チベットを最初に統一したソンツェン・ガンポ王…

ロシアはどうもこれが嫌いみたい

ロシアはどうもこれが嫌いみたい アメリカがウクライナへ対戦車ミサイルを供与すると発表しました。ウクライナ政府がロシア製戦車と対抗するために強く供与を求めていたということです。アメリカ製のジャベリンは下の画像のように歩兵が運搬、発射できるもの…

17年も年末だ、開き直りをプレゼントしよう

17年も年末だ、開き直りをプレゼントしよう 今回の記事も2017年12月配信のものです。前ペ ージに掲載した大型浚渫船の南シナ海での稼動、 浮動型原発の建設、水陸両用機の完成などから南 シナ海の利用に自信ができたのか、中国が軍事拠 点とすることを認めて…

2017年は大いにはかどったみたい

2017年は大いにはかどったみたい 今回の記事も2017年12月配信のものです。中国が埋め立てていた南シナ海の人工島はいっそう軍事化が進んでいるということです。メディア上で北朝鮮が話題になっても南シナ海の中国人民解放軍は何も関係しないので、というか注…

餃子を傍に他国を覗いて国取りの夢

餃子を傍に他国を覗いて国取りの夢 以下の記事は2017年12月配信のものです。ノーベル賞の授賞式の時期であり、その関係の記事を掲載しました。そのために掲載が遅れたものです。以下の記事は、国の政府機関が支援して他国の情報を探るサイバー戦争と見ること…

象牙調査の第一人者が刺殺される

象牙調査の第一人者が刺殺される 世界最高水準のゾウ・サイの保護活動家がナイロビで刺殺されました。動物保護では偉大な影の英雄と言われています。名前はエズモンド・ブラッドリー・マーティン氏、象牙やサイの角の買取業者に扮し、厳しく危険な場所で、潜…

この国の平和と希望がこもる「アフリカのモナリザ」

この国の平和と希望がこもる「アフリカのモナリザ」 前のページまでアメリカのニュースで不気味な圧迫感がある「核」の文字が溢れていましたが、これは休みとして、今回は絵画のニュースです。「アフリカのモナリザ」と言われる名作のようです。作家のベン・…

この国はICBMと南シナ海の軍事化

この国はICBMと南シナ海の軍事化 アメリカが軍事的に主に警戒するするのはロシアと中国ということなのですが、中国について警戒するところが記載されています。中国からアメリカ本土に到達する大陸間弾道ミサイル(ICBM)が2022年に100基になるということ…

核を小型化して強い国と簡単そうに大統領

核を小型化して強い国と簡単そうに大統領 中国やロシアの兵器は進歩し、北朝鮮も核兵器の開発を進めるなど安全保障の状況がオバマ政権時代とは大きく変化しているということです。分かりやすく言うと、中国もロシアもミサイルを進歩させて軍事力を増強し、領…

この大統領、国は世界最強でなくっちゃ

この大統領、国は世界最強でなくっちゃ このブログにしては珍しく最新の2月3日配信のニュースです。トランプ政権が核兵器を維持し、アメリカを再び偉大な国にしたいと言うことです。このブログはついこの前までノーベル平和賞の受賞者ICANの記事を並べたとこ…

あの巨人がこの人の女子教育を支援

あの巨人がこの人の女子教育を支援 アメリカのアップル社がマララさんを支援するようです。アップル社のティム・クック最高経営責任者(CEO)が、全ての女の子に学校へ行く機会を与えるというマララ基金の趣旨を共有すると述べ、ティム・クック氏はマララ…

ICANのこの人を少し詳しく見ると

ICANのこの人を少し詳しく見ると ICANのベアトリス・フィン事務局長の講演なども取材し、発言について詳しく書かれた記事がありました。個人の投稿記事のようです。フィン事務局長の核兵器とは何か、核抑止力とは何か、核兵器を保有している所の政治家たちは…